新着Pick
3158Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この文章自体を構造化したくなるくらいには、コンサルにどっぷりつかってしまっているので、こういう文章を1年目が書いてきたら
「これ、何順で並んでる?優先順位高い順?時系列?目的と手段が混在されてるから分かりにくいんだけど・・・」
とか聞いてしまいそうです。笑

もとい、記載されている通り「仮説思考」が一番重要であって、それ以外はHowの話でしかないですね。
仮説思考→それを検証するためにどう情報を集めるのか→どう伝えるのか
ですので、その順番に読んで頂くとわかりやすいかと。

しかしながら、ここは「コンサル1年目」だからかもしれませんが、「対クライアント」の視点が全くないのに違和感を覚えました。
1年目とはいえ、私が新卒研修などで伝えているのは「クライアント・ファースト」なので、上司をみて仕事をするのも良いですが、先ずはしっかりクライアントを見て(クライアントニーズを掘り下げて)仕事をして欲しいと思います。
直接クライアントとコミュニケーションが取れなくても、指示を出してきた上司に「クライアントの課題感はこういうことですか?クライアントの期待値はどういった点でしょうか?自分はこう思います」くらいは言って欲しいなぁ、と思います。

あとは個人的な意見になりますが、こういうコンサルティングアプローチはもはや、コンサルだからではなく業界・業種問わず皆さん意識される頭の使い方だと思いますので、もしコンサルを志して下さる方々がいらっしゃるのであれば、もっと大局で、コンサルティングビジネス自体がどう変わろうとしているのか、変わるべきなのか、を考えて頂けた方が、面白いのではないかと思います。
実際のところどうなのだろう?
個人的には、「一年目から仮説思考をしすぎる」のは、正直微妙だと思っている。仮説思考は、大局観に基づくもの。十分な文脈・経験蓄積をしていないと仮説が正しくない確率は高いし、モレが発生する。それを防ぐためのMECEとかがあるのは分かるが、仮説というのはフォーカスをしてスピードを上げる方法なので、フォーカスをした時点で切り捨てもしている。実際にはマネジャーなどが、1年目でもできる粒度に落とし込んで、検証ポイントを伝えてという感じで補佐はかなりしていると思うが、大上段に「仮説思考を一年目から!」というのは一般論としてはリスキーだと思う。一方で意識をしないと身につかないものではあるとも思うのでバランスは難しいが…
結論・数字・根拠も同様。いずれも重要であることは間違いないし、総花論や定性だけ、思いだけでは動かない。一種その極論に寄って、客観的事実・仮説を提供することが、第三者であるコンサルのポジショニングに起因する根源的かつ構造的付加価値だと思う。ただ、世の中はそんなにシンプルじゃなく、感情もあるし、経験ゆえの直観もあるし、未来の数字はそもそも確度が低いもの。そのなかでステークホルダー含めた利益・雇用の責任を負って、顧客は意思決定をしないといけない。シニアになっていけばそんなことは重々承知で業務されているだろうが、「コンサル思考」といわれるようなものが最強のビジネス思考だと一年目から考えることは、個人的には現実という複雑な社会を見ていく・生きていくうえではちょっとなぁとと思う…あと、それを徹底しすぎると、社内では通じても、社外には通じていないということは発生してそう(コンサル的な文章の共通言語化によって、それに慣れていない人を置いてきぼりにしている、というか)。
特に事業会社にいる場合は、数年目くらいに文脈が積みあがってそれを整理するときに意識する・使ってみる、くらいの方がいいのではないかと思う。

と、かなり厳しい書き方を独断と偏見でしてしまったので、是非コンサルの方、出身の方のコメントももっと欲しい!
方法論は本でも学べる。僕が実際に学んだのは、クライアントからお金を取るということの重大さととんでもない精神的プレッシャーに打ち勝つノウハウ。
話し方(PREP)のことが書いてありますが、コンサルファームに行くと、説明力の大事さを痛感します。

皆さん、ホントに忙しいので、少しでも最短距離のわかりやすい説明をしないと、

『ごめん、何言ってるか全く分からない』

と平気で言われます。監査法人にも在籍したことがありますが、あんまりこのようなことを言ってくる人は少なかったので、コンサルファーム特有なのかな、と思ったことがあります。

まぁ、おかげ様で、説明が上手くなったというか、慣れましたけど。(笑)
コンサルティングにはコンテンツコンサルティングとプロセスコンサルティングがあると思っています。
此処で紹介されているノウハウを持って、経営者に対してプロセスコンサルティングで接することが大切です。
外部の人間が提示する「解決策」は一時凌ぎに過ぎません。
継続して成果を出し続ける事が出来るコンサルティングが求められています。
コンサルタントに依頼する、ということは、課題に対する解決策を求めているということ。その解決策をわかりやすく提示する訓練が必要ですね。
昔、企画編集した本とおんなじような本がまた出たのかな、と思ったら、あらら、その本だった。よく見たら、リードにちゃんと書いてあった。

エピソードも多く交え、その分、割と散漫なところもある本だったのだが、よくまとめてくださっている。ただ、それだけに、実際の本の方が、易しく読め、「使える」。

なんだ、コンサルといっても、最初はこの程度? と安心できる基本スキルから、どの会社でも最初からこれ教えてもらえればいいよね、という、通常は入社5年目ぐらいまでに身につくスキルまで。

私が一番共感し、社員にも言っていたのが、「相手の期待以上の成果を出してはじめて認められる。求められたところまでやるのは当たり前。褒められるわけでも次の依頼あるわけでもない」みたいな「心構え」。

おかげさまで、毎年春になると、岩瀬さんの『社会人一年目の教科書』とともに売れているようである。若いビジネスパーソンのお役に立てているのなら、著者とともに嬉しいことだ。
こういったスキルは世間一般に認知された印象があります。が、コンサルタントだな…と感じる方はその徹底度が違います。
あと、項目別にいくと事実をつかむチカラも劇的に違います。
公表情報を丁寧に裏取りしたり、目で見たものをかぞえて数値化したり…感覚的にとらえることをしません。まずは最初はこの辺りかと。そしていずれそういったスキルをお客様の課題解決にどう役立てていくか?スキルをもらっている報酬以上の価値に変換できているか?という問いと向き合うことになるかと。
ぼくは、新卒コンサルとして学んで生きているのは、
考え方を考えるという姿勢です。
記載されている仕事の進め方を訓練されている人は働きやすいです
この連載について
本を読むことは、心を豊かにしてくれる。慌ただしい毎日のリフレッシュにもなるだろう。ただ、ビジネスパーソンには時間がない。そんな悩みを抱えるあなたにNewsPicks編集部が、本の要約サイト「フライヤー」とコラボし、話題の書籍の要約をお届けする。