新着Pick
19Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
学術会議法には「研究者」ではなく「科学者」を代表するとある。学術会議の説明をみても、「研究者」という表現は殆どなく、「科学者」となっている。

従来の「科学技術基本法」では、「科学技術」として「人文科学にのみに係るものを除く」と規定していたが、昨年の政府WG報告書では「科学技術に人文科学・社会科学を積極的に位置付ける」となっていて、学術会議はそれをこれまで主張して来たので歓迎するとのこと。

http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/gakutai/index.html

学問の類型法として、人文科学、社会科学、自然科学というやり方があって、それがそれなりに分かりやすいことはわかる。

また、「科学」とは語源的に「分科した学」という意味しかないこともわかる。

しかし、だからといって、現代において、一般的に「科学」「科学者」といえば「自然科学者」の意味であって、人文学者や政治学者を「科学者」と呼ぶのは現代日本語の語感からして違和感が強い。

これも時代に合わせて改正すべきじゃないか。