新着Pick
177Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
リモートが新しい正義みたいな語り口は浅薄の極みだと思うので、もう少し別の角度からの議論が見てみたいものです。リモートできない業種があるからリモートできる業種があるという意識を持ちたいと思っています。
2008年頃は普通に出社し、スーツも着ていたというのが面白い。
次のような段階を経たということ。

ステップ1 コピー機やプリンタを撤廃してペーパーレス化に取り組む
ステップ2 ファイルストレージやメールサーバをクラウド化
ステップ3 メールからチャットへ移行
ステップ4 Web会議の活用
ステップ5 東京のオフィスにあるPCでSkypeの音声をつなぎっぱなしに
IT業界でリモートワークが成功した事例を共有しても「当たり前」的な感覚だけではないでしょうか?

どちらかと言えば、製造業系での成功事例や、全ての産業で適用可能な失敗事例を共有いただければ更に良いと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
極めて個人的な意見ですが、在宅勤務が常態化してきて思ったのは
ワイガヤというコミュニケーションじゃなくて、オフィス内で発生する「音」そのものが大事だったんじゃないか
ということ。

特にビデオ会議ツールで繋ぎっぱなしにした時に特に思いました。人のため息とか呟きとか、紙をガサゴソする音に遠近感がなくて、全部同じくらいの音量で聞こえてくることが違和感なのです。慣れれば大したことない、という意見もあるでしょう。でも、オフィスにいるとそういった音の大きさで緊急度を察知することもあるし、ため息の大きさや紙をガサゴソする音の大きさで、ちょっと声かけてみようかなという発想になるので、リモートになってその判断が働かない自分に戸惑ってます。

それも人それぞれかもしれませんが、少なくともリモートでワイガヤがあるのが良いとはならない職場はあるな、と個人的には思います。
今まさに自社のリモートワークの在り方について整理しているところですので大変参考になりました。

議論や承認、指示、提案、相談、声かけ、つぶやき、報告、連絡、掲示、募集など多岐にわたるオフィスでのコミュニケーションを「同期的/非同期的」「クローズド/オープン」の4領域に分類して、そのそれぞれをリモートでも行えるようにツールなどを整えていくという点をすぐにでもやってみたいと思います。