新着Pick
207Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
富士通さんはいろんな部品を購入してディスク装置を作っていらっしゃるのでしょうし、東証さん側が責任を負うべき使用環境もあるでしょうから、詳細に調査して原因究明しないと本当のところ誰の責任が一番重いか微妙なところがあるようにも感じていたのだけれど・・・ 「相場情報を伝えるシステムを支える一部装置のメモリーが故障した際に、予備のディスクに自動で切り替える設定になっていなかった」、「制御機構に設定されていた数値(パラメーター)では、ディスク内のメモリーが故障した際に、予備のディスクに自動で切り替わらないようになっていた」というのは本当か (@_@;エーッ 
「売買をなぜ終日停止したのかという点も問題になっている」とありますが、システムのテストに加え、このシステムが停止したときのBCPはどう定められていたものか。そこに停止と書いてあったなら、それはそれで正しい判断かと思います。もし想定外ということであったなら、管理が甘いと言われて仕方ないのかも。どこかの企業が社内で使うシステムならいざ知らず、壊れたら世界の取引が止まるシステムでいくらなんでもそれはないだろうと素人ながら思います。記事にはそのように書いてあるけれど、未だ半信半疑です (^^;
恐らくですが。
ストレージ装置の書込みキャッシュメモリ不良かと思われます。

キャッシュメモリが正常なら、キャッシュメモリへの書込み処理完了で完了応答(ライトバック)するのでパフォーマンスが高い。

キャッシュメモリがエラーだとライトスルー、SSD又はHDDへ書込み処理完了してから完了応答するので、パフォーマンスが著しく低下する。

ただ、通常ならライトスルーではストレージそのものの故障とは見なさないことが多い。パフォーマンスが落ちてもストレージとして機能している為。

むしろ故障と判断してストレージが頻繁に切替る事によるパフォーマンス低下を恐れることの方が多い。(切替は単純ではありませんから)

なもんで、一般的な認識としては悪い設定と言うこともない。

今回は既に結構なトランザクションがあり、パフォーマンスが足りない状況となったのでしょう。

東証のシステムとしてその運用が適切だったのかどうかはなんとも言えませんが、シビれます。
トラブルが起こった後、終日取引を遮断したのは英断だと思います。1日なくても実はそこまで困りません。むしろ保身のために動かして大混乱に陥るよりはよほどマシだと思います。
ただ、個人的にふに落ちないのは擁護論が強いこと。説明資料を見る限りもっと事前にやれることはあったんじゃないかと思います。全て◎、ではないと思います。
むしろ記者会見でトップマネジメントが役割を「一部」果たしただけです。保身に走らなかったことは元証券マンとして嬉しいのですが。
まぁしかし世界の証券取引所が結構な割合で止まってることを考えると日本は相当頑張ってきたんじゃないですかね
そのクオリティを落とすまいと邁進する姿は誇らしい
「相場情報を伝えるシステムを支える一部装置のメモリーが故障した際に、予備のディスクに自動で切り替える設定になっていなかった」
はじめてこの情報が出た。
たぶん東証は初めから問題を掴んでいた。
なんで公表しなかったのか。
記者配布資料には、ディスク装置は両現用と書いてあったから、バックアップではなく故障を検知したらシステムから切り離す仕組みだと思うんだけど、未だにバックアップと記事に書くのはなぜだろう?
もしも自分がインタビューされたなら。
「テスト内容に不足があるとは感じられない。いわゆる想定外というものだろう。そして考えられる原因はスプリットブレインではないか。」みたいなことを言う。コロナのクルーズ船の時も「レッドゾーン」というまあ素人でも分かるけどそれまで知らなかった言葉を知って知識が増した気がして安心感が出た。人はこういう場合に何かにすがりたくなる。この件は一般的なニュースではないけどもしそういう話題だったとしたらワイドショーあたりがフリップ仕立てて「スプリットブレインとは?」みたいなことを言うのだろう。ちなみにスプリットブレインとは1号機2号機のように障害発生時に切り替わるよう構築したシステムにおいて1号機に障害が起きて切り替わりかけるも復活してきてしまい両機が生きている状態になること。本当に両機が生きてるとどっちの方を稼働系と見ていいか分からなくなり深刻な障害となる。(例えば一続きのデータを両機にバラバラに書き込んでしまいそれによってAというサーバが処理を終えたという書き込みをしているのにBというサーバ側まだ書かれてない側のディスクを読んでまだだと思って再実行してしまうとか)
技術的には東証が富士通にどこまでの仕様を求めていたのか(あと、管理運営者として妥当だったのか)、もしくは富士通側の設計ミスなのかがきになるところ。
石原さとみショック。