新着Pick
44Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「生きるか死ぬか」日野自動車が"車台だけのクルマ"で狙う生き残り策 「元トヨタ役員」下義生社長に聞く

日野自動車、下社長との対談記事がプレジデントオンラインより配信されました。

日野自動車から親会社のトヨタへ役員として移籍という異色の経歴をもつ下社長が変化の激しいモビリティ市場にて描く未来とは?

日野自動車が2019年の東京モーターショーで発表した自動運転商用EVのプラットフォームと、その上に装着するサービスのプラットフォームを統合したコンセプトモデル「フラットフォーマー」の具体的な構想と、それらの新技術を通じて見据えるビジョンについてお話を伺いました。

お時間許す際にお読みいただければ幸いです。
トラックメーカーの方がこの手の発想はやりやすい。

あまりご存じない方も多いと思いますが、トラックというのはメーカーがつくった車両をそのまま使うというケースは多くありません。
販売店とお客さんの間に「架装業者」が入って、様々な用途に合わせて最終商品に仕上げていきます。
メーカーのつくった製品がそのままお客さんにわたる乗用車とはかなり違うビジネスです。
その意味では、今回の「プラットフォーマー」という考え方が元々あるということです。

自動運転についてもトラック輸送が一番早く導入されると思います。
(制御が簡単な)高速道路は自動運転で走り、高速道路を降りる手前で運転手が乗り込んできて一般道は人の運転で走るという使い方も可能です。

乗用車に目が行きがちですが、CASEやMaaSは商用車のほうが早く普及すると思います。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
25.2 兆円

業績

日野自動車株式会社(ひのじどうしゃ、英語: Hino Motors, Ltd.)は、主にトラック・バスといった商用車を製造する日本の自動車メーカーである。通称「日野」、ローマ字表記は「HINO」。トヨタ自動車の連結子会社でトヨタグループ16社のうちの一つ。 ウィキペディア
時価総額
5,085 億円

業績

関連記事一覧
トヨタと日野自がFC大型トラックを共同開発、24年をめどに量産計画
ニュースイッチ
49Picks

“天下のトヨタ”への役員移籍で抱いた自動車業界への危機感。 「変化こそが唯一の永遠」、日野自動車社長・下氏が考える業界展望。
Digital Shift Times(デジタル シフト タイムズ) その変革に勇気と希望を
27Picks

日野自動車、北米トラック生産停止 エンジン認可遅れ
日本経済新聞
21Picks

日野自動車がトラック運送にブロックチェーン導入、荷主のメリットは?
ニュースイッチ
17Picks

中国EV大手BYD、日野自動車と商用EV開発でパートナーシップ締結
36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版
5Picks

日野自動車 営業利益 赤字転落 178.0%減、通期会社予想 20.0億円
xenoFlash - AI決算分析
5Picks

日野自動車、オープン物流プラットフォーム構築へ ハコブとデータを連携
レスポンス
4Picks

日野自動車と中国BYD、商用EV開発で提携
レスポンス
4Picks

自動車業界の期末決算、コロナの影響は? 日野自動車の場合 - マイナビニュース
BLOGOS - 最新記事
4Picks

前編:“天下のトヨタ”への役員移籍で抱いた自動車業界への危機感。 「変化こそが唯一の永遠」、日野自動車社長・下氏が考える業界展望。
デジタルシフトタイムズ
3Picks