新着Pick
221Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
デキサメタゾンの投与を決められたことは、大統領が酸素を必要としたことの裏づけでもあると考えられます。

デキサメタゾンの有効性を示したイギリスの試験では、酸素投与を必要とする以上の重症度の患者への有効性が示された一方、酸素を必要としない患者ではむしろ状況を悪化させる可能性が示唆されていたからです。

5日に退院した場合、最低5日間投与を行うレムデシビルの静脈内投与は中断されるのか、ホワイトハウスでの継続をするのかも興味深いところですが、まだ発症からの日が浅いので、仮に退院となったとしても隔離の継続と慎重な経過観察が望まれる状況です。
(再掲)発表内容からは、明日退院できるという根拠が全く見えないので、話半分で聞いておいたほうがよいでしょう。

発表している医師自身が「昨日はみんなを心配させたくなかったから話を盛った」「酸素吸収を最初は大統領自身が拒否した(重篤だと思われたくないから)」などと口をすべらせました。要するに「自分が言っていることはトランプに指示された嘘かもしれない」ということになります。ウソをつくのに慣れていないお医者さんには、ごまかしきれません。

もし本当のことを言っているとしても、酸素飽和度が上下している状況、ステロイドを昨日使ったばかりという事実、レムデシベルが投与期間中でまだ終わっていない、CTの所見がはっきり言わないが何かありそう、などの「状況証拠」から、まだ退院には早すぎると専門家がSNSやメディアで言っています。

(追記)
UCSFのBob Wachter先生によると、デキサメタゾンを投与すると、病気そのものはよくなっていないのに症状は軽くなるので本人は元気になった気になる、という話もあるようです。

また、ボブ先生はこれに続き、「COVID患者には意識の混乱がよく見られるので、大統領権限移譲の可能性に備えるべきなのに、医師団もWHスタッフも現実から逃避するばかり、誰の言うことも信頼できない現状は国家安全上大問題である」と述べています。
日本時間の午前6時半ごろ、車に乗って医療施設の外へ出るトランプ大統領の姿が見えました。まだ現地は日曜夕方で、退院報道より半日早いです。サプライズの登場はTwitterでも予告し、ホワイトハウスによると先ほど病院に戻ったとのこと。重症者向けとされるステロイド薬の投与を始めているようで、退院が正しい判断かは議論を呼ぶところでしょう。

ホワイトハウスの身近なスタッフや選挙戦略の中心人物が相次ぎ感染しています。感染ルートの追跡も難航しているようです。これまでと同じ距離感でスタッフと仕事をこなせるのか、ホワイトハウスの危機管理能力も問われるところです。

トランプ氏の陽性発表の72時間前、つまり先週水曜には、感染の疑いを認識していたという指摘に対して見解は求められるでしょう。先週の大統領の動向、初期の医療対応、そして何より退院の判断についてのFact チェックがポイントなる週明けになりそうです。
トランプ大統領、無理して回復したことをアピールしても容体が悪化したら逆効果。ここは大人しく全快するまで治療に専念する方が良いと思うのだが、選挙直前にはそうも言っていられないのだろう。
そもそも論ですが。

私は新型コロナウイルス感染症について、「感染は誰のせいでもない、明日は我が身」と繰り返し述べ、感染した人や場所を非難する風潮はよくない、と申し上げてきました。

しかし、トランプ大統領は「マスクは着けたくない」「(新型コロナウイルスは)そのうち、消えるだろう」等と公言し、この米国大統領の発言に影響を受けた人は、決して少なくないでしょう。米国内で感染が拡大し続ける中でも、大統領選に向けたトランプ氏の大規模な選挙集会には、大勢のマスクをしていない人が、密接して集いました。

公衆衛生の観点からの感染症対策のポイントは、「感染した人を重症化させない、死なせない」ということ、そして「感染した人は他者に感染させる。したがって、公共のために、移さないようにしてもらわないといけない。」ということであり、そのために、感染した人や疑いのある人に、行動制限が求められ、治療は公費で行われるわけです。

もし、「自分は感染しても構わない」という考えの人がいても、その人だけの問題で済むのであれば、そういう考え方もあり得るのかもしれません。しかし、感染症の問題は、「感染しても構わない」と思って、必要な対策を講じず、結果として感染した人がいた場合には、その人だけの問題にとどまらず、「感染してもいい」とは思っていない別の人、それも大勢の人に、移してしまうおそれがあるということです。

もちろん、過剰に不安を煽ることや過度な規制をかけることは、よいことではありません。しかし、リスクを過小評価し、結果として、人々の生命や健康を害すること、地域で規制強化を招き、社会・経済を停滞させてしまうことも、全くもって、よいことのはずがありません。

危機下においてこそ、リーダーの資質というものが問われます。
15日の第2回討論会が予定通り行われる可能性が高くなりました。感染を知ってからの行動、公表直前も選挙集会で飛び回っていた点が焦点になるのは必至。トランプ 氏がどう答えるか。
シンゾーもドナルドも強いリーダーであり、大変な時期を乗り越え、更なる長期のリーダーシップを期待している方も多かったのではないでしょうか。

早期退院もそんな強いリーダーの象徴だと思うのですが、かたや将来を犠牲にしてしまう気がして止みません。
コロナウィルス関連では、医療従事者のコメントが有効なのは間違いないですが、この件については、政治的な狙いについての分析や、メディア操作の可能性検証なども真実に近づく為に有効かと思います。

色々な仮説が考えられますが、以下は良く聞きます。

・納税/負債関連のスキャンダルから話をそらしたい
・生命の危機からも回復した強いリーダー像を示したい
・感染したけど結局回復してコロナは大したことない、と言いたい
・トランプも人間だし、かわいそう、という同情票を買いたい

何が真実なのかは判明しない可能性も高いとは思いますが。
【現在は元気でも】

酸素投与があり、ステロイド(デキサメタゾン)投与もなされていたこととすると、「中等症」相当と考えることができます。現在は元気でも・・・やはり今後の健康状態の推移としばらくの隔離が必要になります。
これまた真偽不明の報道です。

大統領選を控えているだけに、錯綜した情報から真実を突き止めるのは不可能でしょう。