新着Pick
97Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
審査は「時間をかければかけるほどよい」のではないのは確か。
多くの人命を救える可能性があるのであれば、他の案件より優先して早く審査するのは、むしろ取るべき道かと。
その際、審査の科学的妥当性と透明性を保証して、ですが。
政府が富士フイルム側に生産の打診をしたのが2月。すでに2年前に生産を終了していた企業側は機械とヒトを再稼働させるなど、それなりの投資をしています。

一方で審査に期限を切ることが正しいことか、医学的専門知識を持ち合わせないのでわかりませんが、このウイルスはまだわからないことが多いです。

さらに、未知の変異に対応できるものか、まだこの薬で「絶対」という確信は持てないように思います。
アビガンの承認の是非を語るほど医学的知見があるわけないので一般的な感想に過ぎないけれど・・・ 我が国では、安全のみならず安心の担保まで当局の許認可にもとめて万が一にも事故が起きるとメディア等が音頭をとって責任を追及するゆえに、お役所は合理的に安全と思えるレベルでも安心できないものは後難を怖れて承認しない傾向が極めて強くなっているように感じます。そうなると、前例がないものは安心の保証がないゆえ怖くて手が出せず、外国で十分普及して安心が担保されたら認可する、といった行動になりかねません。薬品でも医療機器でも自動運転の公道実験でもその他諸々のイノベーションでも、そんな傾向を感じませんか (・・?
仮にそんな傾向があるとしたら、我が国は時代の早い動きに遅れてしまう。厚労省は特にそうした傾向の強い役所と感じないでもありません。審査が形骸化して安全が担保できないようでは困るけど、「詳細な計画」が合理的な範囲で安全を担保するに足るものなら、功罪を明らかにしたうえで一定のリスクは取るべきところに来ているような気がします (・。・;
審査を3週間で終えることについては、「最優先事項として行う」ことで短縮化出来る、ということであれば問題無いのではないか?審査のプロセスを透明化すれば、懸念は払拭できるはずです。政府にはそういう姿勢を期待したい。
科学や医学への信頼を損なうようなことはどうかやめてほしい。長期的に日本にとって大きな、大きなマイナスになります。
富士フイルム富山化学は月内にも国に承認申請を出す方針ですが、すでに承認の方向性は固まっているよう。
「政府は内容を精査して承認の可否を決める考えを示していたが、実際は申請前から承認までの段取りが固まっていた」
安全第一でお願いします。
「コロナ禍」はマスコミと厚生労働省が生み出した幻想に過ぎないが幻想から開放されるためには効かなくても良いから治療薬やワクチンが必要

実際タミフルは殆ど効かないしワクチンを接種している人は 38.6% しかいないのにインフルエンザを恐がっている人はほとんどいない

参考:

日本は感染者も死亡者も水増しされている

死亡者水増し
https://newspicks.com/news/5244778?ref=user_358617
コロナ関連死のうち本当に新型コロナウイルスで死んだのは 10% 程度と思われる

陽性者水増し
https://newspicks.com/news/5186930?ref=user_358617
PCR 検査で陽性と判定された人のうち他の人に感染させる可能性がある本当の感染者は 10% 程度と思われる