新着Pick
175Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
サプライチェーンはグローバルに進化していながら、
ナショナリズムにより分断されることは健全じゃない。
米中摩擦や分断されるグローバル環境は、今大きな過渡期を迎えている。
国益を超えたグローバル思想が台頭していく流れになるのか、より国益重視の分断が強まるのか、新たな思想の転換期に我々は生きているのかもしれない。
アメリカがHuaweiを始めとする中国企業を恐れ、対策するのはよく分かります。日本も過去にさんざんやられ、骨抜きにされてきましたから。中国は同盟相手でもないので、その分、徹底的にやるでしょう。その煽りを日本企業は受け、ソニーやキオクシアといった部品メーカーまでも勢いを削がれるのは残念ですね。イメージセンサーとメモリだけ許可されても、スマホや基地局は作れませんが、何とかしたいと思うのは当然でしょう。

この漁夫の利を得るのは、どこなのか、興味ありますが、やはりサムソンなんでしょうか。

追記】サムソンが漁夫の利を得ると考えているのは、主にスマホとイメージセンサーです。Huaweiのスマホがなくなれば、特にHigh end 市場でGalaxyが売れます。Galaxyに流れず、OppoやVivoやXiaomiに流れれば、Huaweiのようにソニーのイメージセンサーを使っている会社は少なく、サムソン製が増えていますので、サムソン製イメージセンサーが売れます。
日本政府もファーフェイを排除しているが、
日本の輸出許可を先に申請すべきではないか。
アメリカから許可がもらっても日本がファーウェイを排除しているので、輸出には差支えはないだろうか。
それとも日本ではファーウェイの製品を使ってはいけないが、部品の輸出は可?
アンバランスではないか。
デバイスで、売上が10%減れば、限界利益が30%は減るし、需給悪化するので、半減になる。
ファーウェイだけなら、いいが、これが全中国メーカーとなると、売上3割減り、赤字転落。

ファーウェイは、インフラと端末に、会社を分解させればいい。
米が問題視いているのは、インフラ、基地局だから。
2ステップ必要。一つは本件が認められること、もう一つは他社も認められて「Huaweiがスマホを作れるようになること」。
自社が認められても、サプライチェーン全体として「作れる」状態にならなければ調達は発生しない。
記事中に言及されていますがこのまま取引停止を強いられるのは避けたい状況なのだなと思います。

「ソニーはスマートフォン向けの画像センサーのシェアで世界首位。約1兆円ある画像センサーの売上高のうち、2割程度がファーウェイ向けとされ、米アップルに次ぐ2番目の取引先だった」
「キオクシアもスマホ向けのメモリーの売上高が全体の4割を占め、ファーウェイ向けは数%程度」
韓国企業も申請しているみたいですし、出遅れないためにも、横並びで出来る事はやるのだと思う。
米政府的に優先度は下がるだろう、日本政府は支援する?しない?
まぁ許可が降りても基幹部品であるCPUが手に入らなければ意味はないんだけどね。まぁやれることはやっておくということでしょうね。

業績