新着Pick
19Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
対人援助職のプロは伝統的にいわゆる自己分析の更に深いものを援助技法の一つとして行います。それはつまり自分自身が相手への支援の媒介物になるから、より深く自分を知ることが相手への適切な支援に結びつくからです。
ということで、私自身は特に母親と幼少期からの確執を深層心理に抱いていることを自覚しており、表面的には普通の親子ですが、ストレスフルな状態の時にそれが吹き出て、強く拒絶するか、愛憎的な感情をぶつけるかという可能性も自覚しております。
と、こんな私のように一般的に長い親子関係を深くえぐって、パンドラの箱を開けてまで自覚しているような方々は通常いません。なので、介護というストレスフルな状態になると秘めていた親子関係の膿が吹き出てきます。
離婚や一人っ子など、世帯のあり方が変わりゆく中、ますますこうした課題は顕在化してくるでしょう。
それを市場サービスが埋めるのか、専門職が埋めるのか、地域の互助が埋めるのかわかりませんが、生前どのように生きたかで、お葬式の参列者が変わるということですね。