新着Pick
361Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
PhDの学生さんがこれらをあんまり聞く時には、trust me or go と言うようにしていますよ 研究者としてはどちらも余り良いサインではありませんので

「なぜかが分からないと先に進めない人」
「役立つことが分からないと先に進めない人」

一方、聞いてるコの大多数が研究者にならない、学部や大学院1、2年の授業では、what (it is/it does/it is for: その日のトピック)に加え、 why (it is useful/important: 役立つことが分からないと先に進めない人用) と how (to do it/it does what it does: なぜかが分からないと先に進めない人用) を明確に両方入れる講義をするようにしていますねぇ
なんと、友人の篠原さんがYahooニュースに!

確かに思考回路の違いは大きい。

世間では似た物同士と思われている数学者と物理学者でも、役に立つかどうかで物事の価値を判断する人とそうでない人にわかれている。

並列思考に思われる人は、グリア細胞が多いタイプなんじゃないかと思うことがある。通常の思考回路とは別のルートがある感じ。アインシュタインの脳に多かったそうです。


天才アインシュタインの「脳」の秘密がわかった!
グリア細胞が突出して多かった 2018.4.26
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/55411
「女性はマルチタスクで男性はシングルタスク」とかよく言われるけど、これ性差じゃなく個人差。マルチタスクしまくる男もいれば、シングルタスクの女もいる。「男は理屈、女は感情」とかいうのもその対象による。大体において性差で分けているものはほぼ個体差で説明がつく。
「なぜかが分からないと先に進めない人」と「役立つことが分からないと先に進めない人」。

私は理学部と工学部の両方の経験がありますが、前者が理学部型、後者が工学部型、みたいに思います。

良し悪しではなく「思考回路」の違いですね。
脳の構造の個人差や、そこへの自己・周囲の認識はとても重要。

記事にある並列・直列は、情報接種するときも、タスクの進め方にも差が出る。色々なタスクを並行して進められる人もいれば、集中して順番に片付けるのが得意なタイプもいる。その思考やタスクの進め方が合わないと、お互いに残念になる。
だから自分がどういうタイプなのか、またそれを周りに伝えて、相互に働きやすい環境を作っていくことは、個人的にはとても重要だと思っている。

ちなみに、この出方も色々あると思うし、外部から見えにくい場合もある。例えば他の人からマルチタスクに見えても、ある人の中ではつながりがあってシングルタスクの場合もある。脳内のグルーピングは人によって違う。
また自分の場合は、その日の中でも変わる。基本マルチタスクではあるが、集中が浅いうちは切り替えられるし、集中が深くなれば切り替えにくい。多少環境整備をすることでその日の業務にあったスタイルに変えることはできるが、集中はしようと思ってもできないことはある…

下記についても、それを認識したうえで、なぜが分かっていたり役立つことが分かっていること、それを教えてくれる人がいる環境にフォーカスをするのもアリ。一方、そのなぜを探索したりどうやったら役に立つか考えることができると、仕事の幅は広がるとは思う。
ただ、それが苦手で進めないのであれば、お互いの平和のためにも限定的な仕事の方がいいケースもあるとは思う。
『子どもに限らず、大人でも「なぜかが分からないと先に進めない人」と「役立つことが分からないと先に進めない人」の違いがあるらしい。』
なるほど…。私は仕組みはどうでもいいから何に役立つのか知りたい派ですね。現実にどう活用されているのか知りたいというか。
タイトルの話がどこに出てるのか一瞬迷子になりましたが笑、若い人が「それやる意味あるんですか」と聞くのは、思考回路の違いもあるけど、そもそも情報総量が多すぎて選択肢過多で、かつ年長者の先例が参考にならない時代になっているから、っていうのが大きい気がする。

個人差による考え方の違いだけじゃなくて、時代の変遷による世代の大きな特性っていうのもあると思って読みました。
役に立つかたたないかは、貴方次第。
面白いことやってよ。
株式会社幻冬舎(げんとうしゃ)は日本の出版社。 ウィキペディア

業績