新着Pick
138Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
共同通信なので短めの記事ですが、昨日ANAがGoTo関連の数字をアップデートしたのでこれを受けた記事です。予測通り推移すれば、10月はオリパラ開催絡みで今年は祝日がありませんが、それでも旅客数が昨年の半分程度まで回復しそうです。

当紙ではこの記事で触れてないJALの状況や、羽田空港での地域共通クーポンの状況なども含めた解説記事を出しています。

Edit this post ANAとJAL、10月の旅客数5割まで回復見込み GoToトラベル東京解禁、羽田でも地域共通クーポン
https://www.aviationwire.jp/archives/212016
GO TOがはじまって、改めて航空券の価格について考えたのですが、実は安いですよね。国内なんて2-3万円もあれば往復ができるし、LCCもたくさん運行していると思います。

これを機に日常的に飛行機に乗り地方や都心を行き来する習慣ができると、都心部→地方がより活発化しそうでよいですね。
回復傾向とはいえ、まだまだ10月で前年対比5割の見込み。秋の行楽シーズンもより多くの人が消費を楽しめればと思います。
Go Toキャンペーンを主導した菅首相としてはしてやったりという感じなのだろう。感染拡大防止を徹底しつつ、それでも人が動くようになって上手く行けば、それがベストであることは間違いないが…。
人出や移動自体は感染症の拡大とダイレクトに結びつかないというのはデータの裏付けである程度判明している。これからは、国民一人一人が、いかに賢明な行動が出来るか、にかかっている。
GoToトラベルの効果が航空業界にも出ているようです。
観光地の様々な感染対策に取り組まれていると思います。感染も抑えながら経済がこうやって回復していくと理想的ですね。
ANAホールディングス株式会社(エイエヌエイホールディングス、英語: ANA HOLDINGS INC.、略称: ANAHD)は、東京都港区に所在する日本の会社で、航空輸送事業を主力とするANAグループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
1.08 兆円

業績