新着Pick
49Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
引け値では-134ドルだし、一時プラス圏でもあった(SP500は終日マイナス圏なので、これはダウ平均の構造ゆえではあるが…)。一時400ドル安は、寄り付き直後で、実質的には12時あたりの-300ドルが安値。でも先物ではトランプ大統領のコロナ陽性で一時-600ドルを超えていた。なお、NASDAQは終値で-2.22%。
何だったのだろうと考えると、報道でガクっと動いたという点では、アルゴリズム系の発動→実際のマーケットで安くなったところを買いに行く主体もいて落ち着いたというところか?
ただ、バイデン氏の当選確率は下記でコメントしたようにディベート以降上がっているし、雇用統計も失業率は予想より良かったが雇用者数は市場予想下回って良いものではなかったと思う。
https://newspicks.com/news/5271721
選挙戦に不利な形になりましたが、コロナを逆手に取れるかどうか。執務に問題なく、重篤にならなければ、「オレの言ったとおりだろう!コロナなんて大したことない」と言えるのでしょうが。

株式市場が値下がりしたということは、投資家にはトランプ政権継続を願っている人が多い。
先物の下落があったので、これは織り込み済みでしょう。

あくまで個人的な感想ですが、今の米国市場は大統領選の行方にあまり左右されないような気がします。

市中に溢れたマネーがどんどん投資商品に向かっています。

どちらが大統領になっても、この動きは変わらないのではないでしょうか?

もっとも、バイデン氏が大統領になって富裕層への課税を強めれば、投資商品からの資金の引き上げがあるかもしれません。
しかし、それも限定的でしょう。
テレビ討論後に拡大していたオッズの差が更に急伸して、バイデンの1.3倍に対してトランプ2.6倍とダブルスコアに。昨日の値動きでマーケットはバイデン政権誕生をかなり織り込んだじゃないかな #米株
これまで分かってること

トランプ大統領入院。「REGN-COV2抗体カクテル」を投薬。これは初期症状の患者向け。これまでの投薬結果だと7日くらいで効果があった例が多い。

1日から症状が出てたけど選挙大会とかを強行。官邸では大規模にPCRが行われている模様。陽性反応が出てる人もチラホラ。エアフォースワンがクラスター化したといつとんでもない可能性も。これはリスクコントロールの観点から大きなマイナスに出そう

ペンス副大統領とバイデン候補は陰性

トランプ大統領が職務が難しくなった場合は副大統領、下院議長の順。選挙戦が戦えなくなった時の明確な規定は連邦法にはない。

なかなか予断は許さない状況ですね。色んなことがあまりに不透明だ
10月は初日に東証がダウン、2日目には東京タイムでトランプ大統領の新型コロナ感染・・・スーパーオクトーバー・サプライズになりそうなスタート。こういう時に、変な地政学リスクも勃発しやすい。エキサイティングな月になりそうだなー。
トランプ大統領のコロナ感染の一報により急落したNYダウは一時400ドル以上の値下がりする場面もありましたが、結局は前日比マイナス134.09ドルの27,682.81ドルで取引を終了しました。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア