新着Pick
187Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
かつてゴーン氏がスタンフォードの学生に「面白い話を聞くのは聞く力とは言わない。つまらない話を最後まで聞けるかどうか」といっていましたが、聞くことが大切なのはわかっているようで本当に努力しないと身につかないと感じます。

今の仕事を辞めても戻って来いといわれるような仕事の仕方、そして辞め方を含めた人間関係の重要性を平井さんの話でつくづく感じました。
今回も興味深く拝読しました。イキイキと働くためのエッセンスがつまってると思います。

以下、抜粋
・要は、どこにいるかより、誰と何をしているか
・とにかく相手から話を聞くこと
・「人の経験を糧にしろ」
BCG Digital Ventures(BCGDV)のジャパンヘッド・平井陽一朗さんの連載第7回(最終回)です。
---
2016年春にBCG Digital Ventures(BCGDV)東京センターの創設をリードし、開設後は同センターのジャパンヘッドに就任した平井陽一朗氏。

20代の頃にコンサルタントとしての腕を磨いたボストン コンサルティング グループ(BCG)へ出戻り、デジタル領域における事業開発で世界に挑む。

7つもの職場を経験してきた平井氏は、「生まれながらにして、飽きっぽい。常に新しいことに没頭したい」と語る。タフなキャリアを切り開いた仕事の哲学とは。(全7回)

■第1回 三菱商事、BCG、ディズニー…7社で教わったこと
■第2回 三菱商事で学んだ新規事業の企画の通し方
■第3回 三菱商事からBCGに転職した理由
■第4回 ディズニーで学んだチームワークの大切さ
■第5回 「社長失格」、無職になる。最大の反省点は
■第6回 BCGに再入社。「出戻り社員」の価値と使命
■第7回 トップが心がけている「たった一つの大事なこと」
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。