新着Pick
244Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
BCG Digital Ventures(BCGDV)のジャパンヘッド・平井陽一朗さんの連載第4回です。
---
2016年春にBCG Digital Ventures(BCGDV)東京センターの創設をリードし、開設後は同センターのジャパンヘッドに就任した平井陽一朗氏。

20代の頃にコンサルタントとしての腕を磨いたボストン コンサルティング グループ(BCG)へ出戻り、デジタル領域における事業開発で世界に挑む。

7つもの職場を経験してきた平井氏は、「生まれながらにして、飽きっぽい。常に新しいことに没頭したい」と語る。タフなキャリアを切り開いた仕事の哲学とは。(全7回)

■第1回 三菱商事、BCG、ディズニー…7社で教わったこと
■第2回 三菱商事で学んだ新規事業の企画の通し方
■第3回 三菱商事からBCGに転職した理由
■第4回 ディズニーで学んだチームワークの大切さ
■第5回 「社長失格」、無職になる。最大の反省点は
■第6回 BCGに再入社。「出戻り社員」の価値と使命
■第7回 トップが心がけている「たった一つの大事なこと」
全く新しい事に取り組むこと、様々なプロをコーディネートしてプロジェクトを推進していくこと、事業開発の醍醐味。

「初モノにこだわる。これが仕事を面白くする、僕なりの流儀の一つです。」
「僕は事業開発の担当者として、営業、マーケティング、編成、法務、財務といったそれぞれの責任者と週に1回顔を合わせてミーティングをし、議論をしていました。年齢的には、僕は周囲よりもかなり若い「ペーペー」です。それでも、僕が成し遂げたいと思っているビジョンを周囲に伝えることで、ベテランのディレクターも一緒になってスクラムを組んでくれることに感動していました。」

ちなみに大手通信キャリア案件は、やっぱiモードでしょうか。と、するとボスは夏野さん?
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。

業績