新着Pick
165Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昔KBSにゴーンさんが来てくださった時、後継者に対する条件として、「自分の子供を預けられるか、自分の財布を預けられるか」と答えていました。孫さんと考え方は似ているような気がするのですが、ただその順番が狂ったときが問題なんだろうなと感じました。

また、『選択の科学』だったと思いますが、アメリカ人の方が日本人よりも意思決定の数が多いと思っていると指摘していました。例えば、「目覚ましで7時に起きる」のも意思決定だというのです。自分の意思で、つまり「仕方なく」ではなくやっている、という意識も非常に重要ではないかと思います。
習慣化アプリ「みんチャレ」を開発・運営するエーテンラボの長坂剛CEOの連載第5回です。
---
ダイエットや運動、勉強をしようという意欲はあっても、いざ始めるとなかなか続かない。そんな人たちの目標達成をサポートして、支持されているのが習慣化アプリ「みんチャレ」だ。

みんチャレはもともと、ソニーの新規事業創出プログラム「Sony Seed Acceleration Program」からリリースされたアプリで、現在は発案者の長坂剛氏が独立起業した「エーテンラボ」が開発・運営を手がけている。エーテンラボのメンバーの多くは、ソニー出身のエンジニア。ゲーミフィケーションを生かしたプロダクト開発で、「テクノロジーでみんなを幸せにする」というミッションの実現に挑む。

ソニー在職中に孫正義氏の後継を育成する「ソフトバンクアカデミア」で起業家精神を養い、大手企業のイントレプレナーからアントレプレナーに転じた長坂氏に、そのチャレンジの軌跡と学びを聞いた。(全7回)

■第1回 習慣化アプリ、コロナ禍でダウンロード数3倍
■第2回 藝大受験に3度失敗、ソニーに入社
■第3回 ソニー平井一夫氏に学んだ決断力
■第4回 人はどうしたら「幸せ」を感じるか
■第5回 孫正義さんから学んだ経営哲学
■第6回 5人1組のチームの習慣化成功率が最も高い
■第7回 行動を変えて、健康で幸せな人生をおくろう
なつかしいね。まさか「みんチャレ」で食ってくとは思わなかったもんなあ。やり切ったのはすごいよ。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。
ソフトバンクグループ株式会社 (英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。固定電話やインターネットに関わるインフラ事業やインターネット・カルチャー事業がある。近年は先端IT企業などに投資するファンド等を立ち上げ、投資会社の側面が強くなっている。プロ野球チーム「福岡ソフトバンクホークス」の親会社である。 ウィキペディア
時価総額
20.7 兆円

業績

業績