新着Pick
128Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ネガティブなことに関して語れる強さと率直なお人柄が伝わってくるインタビューで毎朝楽しみにしています。

商売というのは一人ではできないもので、大川さんの以下の言葉が心に響きました。

「経営者というのは悪い奴にも嫌いな奴にも好かれて商売せなあかん。お前はすぐに顔に出すからなぁ…。お前がいつもニコニコしてたら、いい商売人になるのになあ」
今回もかなり思い切った内幕の話。有名企業の経営者が苦境に陥るとはどういうことか、象徴的なエピソードだと感じました。

CSKの大川さん、生前は毀誉褒貶の激しい方という印象でしたが、すごい方であることは間違いないと思います。西さんの本がアマゾンでも売っていないのは残念です。
あれだけ袂を分かつ人を作りながら、大川さんとの関係は深かった。人間の妙味ですね。捨てる神あれば拾う神あり。理念や信念、志を信じて進むところに、自然と仲間はできてくるのでしょう。
アスキー創業者・西和彦さんの連載第5回です。
---
若い読者は知らないかもしれない。あのマイクロソフトがベンチャー企業だった1970年代後半、創業者のビル・ゲイツとポール・アレンの傍らに、ボードメンバーとして一人の日本人がいたことを。その日本人こそ当時まだ20代だった西和彦氏だ。

しかし、西氏は経営方針の相違からビル・ゲイツと決別し帰国。アスキーを上場させ、出版、ソフトウェア、半導体、通信事業を拡大するが、バブル崩壊とともに経営が悪化し、社長の座を追われることになる。

波乱万丈な「半生」とその「反省」を語り尽くす。(全7回)

■第1回 ビル・ゲイツとの出会いと決裂をすべて話そう
■第2回 ビル・ゲイツに電話「理想のパソコンをつくりたい」
■第3回 「人脈と情報」の2つを持てば、大きな仕事ができる
■第4回 ビル・ゲイツに対抗したくてアスキー社長になった
■第5回 経営悪化の地獄。CSK大川功さんの「奴隷」になる
■第6回 学問の世界に身を置いて、精神の安定を保つ
■第7回 混沌とした時代を生きるには、風と波を感じ取れ
大川さんも良くも悪くも癖の強い方だった。強烈な個性同士がうまく結びついたのか、それとも背に腹は変えられずに「奴隷」という言葉で表すほどの座に甘んじたのか。しかし、タイトルには無い愛情を記事からは感じる。もう少し関係性について知りたいと思った。
まさに修羅場。
西さんも大川さんもすごい人です。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。
株式会社CSK(シーエスケイ、英語: CSK CORPORATION)は、日本初の独立系システムエンジニアリング企業であった。東証第1部に上場、証券コードは9737番。2011年(平成23年)10月1日に住商情報システムに吸収合併された。 ウィキペディア

業績

株式会社日経BP(にっけいビーピー)は、株式会社日本経済新聞社(日経)の子会社で、出版社である。日経BP社などと表記される。 ウィキペディア