新着Pick
224Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今から5年前、まだグッドパッチが50人くらいだった時に書いたブログがまだユーザー数も今ほどではなかったNewsPicksで700Pick以上されバズりました。

それがこのブログです。

「家族のいる起業家の働き方」
https://likeasiliconvalley.tumblr.com/post/122075041153

当時はまだ同世代や年下の独身の起業家達が自分の起きてる時間を全て仕事に注ぎ込み、夜遅くまで起業家仲間と仕事について飲みながら語りあってる光景がSNSに流れてきて羨ましいと思うこともありました。自分も独身なら間違いなくそうしてたので。

しかし、この記事に書いてある通り、僕は起業してからの忙しい時期も家族の時間を優先して家に帰り、睡眠時間を削り夜仕事をする毎日でした。

そのお陰でグッドパッチは初期からあまり残業しない文化ができあがり、家族との時間を大切にする、それも同僚が互いに理解し合う文化ができました。

今のグッドパッチの文化は間違いなく、起業時に僕に家族(幼い子供)がいたからで、家族がいなかったら超ブラックな会社になっていたかもしれませんw

でも、仕事も家族も犠牲にせずに成功してやると決めて上場まで行けた事は他の起業家達に新たな選択肢を提示できたと思っています。

これからの時代は仕事で成功するには家族を犠牲にするなんて価値観は逆になくなっていくと思いますね。僕の同世代の起業家もこの5年でかなり結婚して子供も産まれてますが、家族を犠牲にしてる奴なんてあんまり見ません。みんな良いパパママをやってます
UIからはだいぶ遠いかもしれませんが、オフィスのデザインが会社のポリシーを表しているのではと感じたのは1993年にNYのペプシで働いた時のこと。インターンの私にも椅子がもう1つあって、だれでも来て話せるようになっている。コンサル時代のクライアント企業とはえらい違いと驚きました。スタートアップの雑然さも、熱気が伝わりやすくみんなのアドレナリンを上げる効果があるのでは?オフィスの見直しが叫ばれていますが、コストだけでなくポリシーも大事ではないかと考えています。
グッドパッチ社長・土屋尚史氏の連載第4回です。
---
スマートフォンをはじめとするデジタルデバイスの普及以降、UI/UXデザインの重要性が高まっている。この領域にいち早く参入し、マーケットを牽引してきたのが、デザイン会社のGoodpatch(グッドパッチ)だ。

グノシーやマネーフォワードといったスタートアップから大手企業まで、数々のクライアントワークで事業戦略やUI/UXデザインを支援。自社プロダクト・サービスを開発・提供するデザインプラットフォーム事業も手掛け、ビジネスシーンにおけるデザインの価値や可能性を拡大し続けている。

「デザインの力を証明する」をミッションに掲げ、グッドパッチをデザイン会社初の上場企業に成長させた土屋尚史社長に、その軌跡と経営哲学を聞いた。(全7回)

■第1回 スマホ時代に高まるデザインの価値
■第2回 21歳で大病。死を覚悟して今を生きる
■第3回 DeNA南場さんの言葉でシリコンバレーへ
■第4回 家族との時間を犠牲にしない働き方
■第5回 離職率40%、組織崩壊の原因と改革
■第6回 強烈なプレッシャーが人を成長させる
■第7回 ビジネスとデザインの主従関係を逆転
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。