新着Pick
142Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
LIFULL(ライフル)創業社長・井上高志氏の連載第3回です。
ーーー
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」を運営するLIFULL(ライフル)。同社はいまや国内外に30社以上のグループ会社を擁し、世界63カ国で、人々の暮らしにまつわるさまざまな事業を展開している。

創業社長の井上高志氏は、「不動産業界の改革」を志してリクルートから独立。以来、一貫して「利他主義」を経営の根幹に置き、ビジネスを通じて社会課題の解決に挑んでいる。

人々が真に幸せに生きられる社会の実現を目指す井上氏に、そのビジョンや経営哲学を聞いた。(全7回)

■第1回 場所・時間・お金から自由になる暮らし方改革
■第2回 不動産事業者とユーザーの情報格差をなくす
■第3回 「リクルート出入り禁止」の企業と信頼を築く
■第4回 不動産情報「4つの見える化」で安心安全
■第5回 リクルート「SUUMO」に真っ向勝負を挑む
■第6回 情報化社会「勝者の条件」と「成長する環境」
■第7回 誰もが「したい暮らし」を実現できる社会
私大文系営業マンとして最も嬉しい瞬間だと思います笑。ネット系ベンチャーも初期の頃はこういう人が多かったような気がしますが、最近のネット系ベンチャーはエンジニアのイメージが強いですね。
"最終的には、「出禁だ、二度と来るな!」と毛嫌いされていた社長から、白紙の媒体申込用紙を渡していただけるまでになりました"
> 顧客に「営業はしない」と宣言

顧客に価値を感じてもらえるものがあれば
絶対に人がついてくるというのはよく言うものですが、
ベンチャーでこれが難易度高い実態はあります。

いいプロダクトをもっている会社はアウトバウンドでの営業は
しなくても収益性が高められます。

営業は一歩間違えると、自分もプロダクトも
価値が下がってしまうのが辛いものです。

ただ、早く売上あげないと、キャッシュがほしい、事業成長をしたい。
と焦るが絶対あるなかで忍耐を創業ベンチャーで出せるのはさすがだなと思います。
LIFUL井上さん。不動産賃貸市場・事業のDX推進と、不動産の金融資産化の旗手として楽しみな会社だと思います。
出入り禁止のゼロからの挑戦と格闘の日々の中に全てのノウハウがあるのですね。なんかカッコいいですね!!
5800万のロジックが気になりました笑
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。
株式会社リクルートホールディングス(英語: Recruit Holdings Co.,Ltd.)は、求人広告、人材派遣、販売促進などのサービスを手掛けるリクルートグループの持株会社である。江副浩正によって創立された。 ウィキペディア
時価総額
7.57 兆円

業績