新着Pick
179Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
『自分の知識やスキル、経験を生かして誰かの役に立てる実感や喜びがあれば、無償でも動いてくれる人はたくさんいるはずだということを、感覚としてわかっていたからです』

生活できないくらいにひもじかったらダメだけど、日本のように誰もがある程度稼げて生活に困らないような国では、人の役に立てることが最も崇高な生き方ですよね。

仕事の報酬はお金ではなく、誰かの役に立ったご褒美としての次の新しい「仕事」です。
ココナラ会長・南章行氏の連載第2回です。
ーーー
スキルシェアサービスの草分けとして圧倒的な存在感を放つ「ココナラ」。デザインやイラスト、キャリア相談など個人が得意とする多種多様なサービスが出品されている。その数は200種類・40万件以上におよび、登録会員数は170万人を超える。

「一人ひとりが『自分のストーリー』を生きていく世の中をつくる」を経営ビジョンに掲げ、ココナラを拡大成長させてきたのが、運営会社ココナラの創業者で現会長の南章行氏だ。

大手銀行から企業買収ファンドに転身。英オックスフォード大学でMBAを取得し、2つのNPOの立ち上げに参画後、起業に至った南氏のキャリア、人生のストーリーを追いながら、個で生きる力を獲得するためのヒントとなる哲学を聞いた。(全7回)

■第1回 自分の心を満たす仕事はなんだろう?
■第2回 仕事の困難は、苦難ではなく喜びだ
■第3回 強みの反対は消耗。苦手克服の先に幸せはない
■第4回 正しい時と場所、スタイルで仕事をする
■第5回 ハードスキルだけでなくソフトスキルを生かす
■第6回 得意なことで人の役に立てる充足感
■第7回 会社に自分を最適化しすぎてはいけない
最後の一文、その通りですね。素晴らしい。

悩んで、試行錯誤を重ねて、失敗して、またチャレンジする。それが仕事の喜びだし、新しいものを生み出していく喜びですよね。だから、困難なことはあっても、苦難ではないんです。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。