新着Pick
398Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
うーん。お話を伺っていると、日本のビジネススクールはまじめな農耕民族に「狩猟民族としての生き方をしなくてはだめだ」と一生懸命教えているという気になってきました。もう少し考えたいと思います。
頑張れと言わない、仕事に期限を設定しない、残業しない、仕事は完璧にやらない、社内行事もない。ワークマンの「しない経営」は眼から鱗なことばかり。

社員にストレスを与えないことが100年事業を続けるための必要条件という発想が非常に興味深いです。

コロナ禍によりただでさえストレスや制約が増える中、経営側が社員の「しないこと」を決めてあげるというのがポイントなのかなと思いました。
仕事は勝手にどんどん増えていってしまうものなので、取捨選択してあげるのはリーダーの仕事だと思います。
絶好調ワークマンの仕掛け人・土屋哲雄専務の連載第5回です。
ーーー
コロナ禍でますます苦境にあえぐアパレル各社を尻目に、成長を続ける作業服最大手のワークマン。2020年3月期の売上高は前期比37.8%増の923億円、営業利益は同41.7%増の192億円と大幅増収増益で、10期連続で最高益を更新。既存店売上高も35カ月連続で前年超え、第1四半期(4~6月)も2ケタ増収増益になった。

「低価格」と「プロ仕様の高機能」を武器に快進撃を続け、日本国内に限れば店舗数ではユニクロを抜く。大躍進のきっかけとなった、一般客向けに「編集」したアウトドアウエアの新業態「ワークマンプラス」の仕掛け人こそ、ワークマンの土屋哲雄専務だ。

土屋氏は創業家の出身で、東大卒。三井物産で30年以上、商社マンとして活躍した後、2012年ワークマンに入社した。「エクセル」をフル活用する「データ経営」と「しない経営」で社内改革を推進、現在の新生ワークマンへと導いた。残業しない、期限は設定しない、ノルマは課さない……。ワークマンのガツガツしない“非常識”な経営、土屋氏の哲学を明らかにする。(全7回)

■第1回 「データ経営」と「しない経営」で快進撃
■第2回 100億売る人と1000億売る人は何が違うのか?
■第3回 データ分析ができると上司の意見を変えられる
■第4回 「しない経営」接客・レジ締め・ノルマなし
■第5回 残業・期限なし。ストレスなしで目標達成
■第6回 上司の意見は半分以上間違っている
■第7回 宣伝しなくても自然に売れる方法
人間心理をよくとらまえた経営方針ですね。目からウロコな考え方が満載ですね。
会社が成長していて、かつただ楽をしようではなく自発的に動く風土が出来ているのが素晴らしいなと思います→「むしろ期限がないほうが、自発的に仕事に取り組むことができ、いい結果につながるようです。期限を味方にすると、何でもできるのですよ。」
残業なしといった話はよく聞くようになりましたが、期限なしは驚きました。人は納期があるからそれに向かって頑張ると思っていましたので。自分たちがこうしたいからやる、ここまでやりたいからやる、楽しいからやる…みたいな自家発電なのでしょうね。相当の覚悟がないとここまでの転換はできない気がしますが、一度やってうまくいけば皆心地よい。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。
株式会社ワークマン(英語: WORKMAN CO.,LTD.)は、群馬県伊勢崎市を本拠にGMSベイシア、ホームセンターカインズなどを抱えるベイシアグループの一員で、主に現場作業や工場作業向けの作業服・関連用品の専門店として国内最大手に成長した。関東地方を中心に北海道から九州にかけてフランチャイズ展開しているチェーンストアである。 ウィキペディア
時価総額
7,612 億円

業績