新着Pick
194Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
社会にコミットする   大切なキーワードになります。
作る方も使う方も。 循環型社会の一端を自分が担っているという自分ごと化をしていく人たちがこれからますます増えると思います。
企業がその状況を理解しよい循環を回しエネルギーになっていかなければとみがひきしまります。
心してかからないと。

使う責任、作る責任、そして誰も取り残さない社会。

一人一人そして地球環境までの全ての可能性を高めていくことを目標に!
海外ではエシカルブランドが注目を集めている中、日本でも少しずつエシカルブランドへの関心が高まっています。つい最近のファッション雑誌などでも特集されました。

ブランドが持つ意義について考え直す時代かもしれません。今の世代は(この記事にも書いていますが) 小さい強いコミュニティとの連帯感を大事にしています。その中には社会性も含まれています。それこそが自分を表現するモノになっているので、日本でも今後フィロソフィーや哲学を注視するブランドがどんどん伸びていくのは間違いないでしょうね。
マザーハウスさんが発する一言一句の考え方が素敵過ぎていつも響いているのですが、「買うことでお客様もファミリー」という考え方、社会へのコミットメントとしての商品購入という軸が他の日本の製品にも現れてくると良いなと。

日本は第三者には関心のない世間文化なところもありつつも、環境問題や途上国への意識、作り手の想いとのダイレクトマッチング、この辺りの領域を事業として伸ばしていきたいと思います。
自分が話している対談記事なので恐縮ながら、さきほどピックした英語の記事のコメントの補足としても読んでいただきたい、新時代のラグジュアリーについての記事です。

世界的に、ラグジュアリーの意義を考え直す機運が高まっています。透明性と持続可能性、多様性は大前提。そのうえで本当に上質なものを創り上げ、関わる人すべてを幸せにするビジネスは、これからのラグジュアリービジネスの必要条件になろうかと思います。

日本発のマザーハウスはその意味で、企業姿勢が時代にフィットしており、新時代をリードする日本のラグジュアリー企業として世界で歓迎される可能性を秘めているのではないかと。


ちなみに、冒頭で引用したアルタガンマのデータは、ミラノ在住のビジネスプランナー、安西洋之さんに教えていただいたものです。この春から安西さんを中心に10人ばかりでラグジュアリー領域の勉強会をすすめています。マザーハウスの副社長、山崎さんも勉強会のメンバーのひとりで、バングラディシュの工場の話など詳しく教えていただきました。その話もこの記事の中に少し反映しています。

引き続き、日本ではまだそれほどメジャーというわけではないラグジュアリー領域(ビジネス+アカデミア+文化)に関して、最新の情報や考え方などをどんどんお伝えしていきますね。
1年ちょっと前に山口さんの新しい本が出版された時に
たまたま知って夢中でほかの本も全部読みました。
機能性も高くて、可愛らしさもあり、
何よりプロダクト一つ一つにストーリーがあって
”ブランドが生きている!” と感じました。

山口さんのYouTubeチャンネルにはプロダクトのストーリーが
詳細に伝えられているので、ぜひ。
https://www.youtube.com/channel/UCpPQ0ElsARxXckqkCu0vDKg

マザーハウスカレッジのYouTubeチャンネルも、
たくさんの学びと出会いをくれます!
https://www.youtube.com/channel/UCYTNXVMFC3Pce3H0ENlAEJA
マザーハウスのビジネスバッグ、私も使っています!
エシカル、フェアトレードの印象が強い同社ですが、品物自体もとても素敵です。「シンプル・上質」というキーワードがマッチします。
ぜひ事業成長をしていただきたいですね。