新着Pick
235Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
未来を見据え動ける小売業は基本デジタルシフトを本気で加速化する。

お店という従来の価値観では、お客様との最高のタッチポイントを減らしても生き残る。

一方で、ブランド体験をデジタルを通して損なうことなく提供する覚悟がある。

この覚悟が持てる会社が日本で何社あるだろうか?

日本の今の小売業経営者にはなかなかいないが、日本の小売業経営者にもそろそろこの覚悟が必要だと思います。生き残り、新しい未来を作る為に。
H&Mは売上減、250店舗削減といっても、第3四半期までの9ヶ月累計では売上高が前年同期比21%、直近3ヶ月で19%減。

ZARAのインディテックスも4月は72%減まで落ち込みましたが、8月は11%減まで持ち直しています。ユニクロのファストリも第3四半期までの9ヶ月累計で13%減。

3社とも最悪期は脱しています。

こうして見ると、H&Mの250店舗削減は、続々と倒産したアパレルが大量の店舗閉鎖をしたのとは趣がまったく異なり、DX体験づくりを本格化した、加速したという文脈でとらえるべきなんだと思います。
店舗型のサービスでかつ影響が大きいアパレルであれば懸命な判断かと。店舗ごとの業績がよくなったのでしょう。どの業界もそうですが、一気に人材の必要要件が変わってきます。

アパレルの店舗にかかわるような求人は全体的に減少し、ウェブディレクターやECコンサルのようなスキルの人たちのニーズが高まるということだと思います。

時代を見据えた上で、スキルセットを考えていく必要がありそうです。
250店舗は全体の5%。ただの不振店撤退ではなく、それ以上に売上・利益を伸ばすためのオンラインの全体設計を実店舗との掛け算でどう作るか。ゼロベースで考える必要あり本当に大変ですが、重要性はどんどん高まってます。
Eコマースで服を購入する顧客というのは、服にこだわりがあって、デザインで服を選ぶことができる人は少なく、逆に相対的価格評価と感覚的定性思考で購入する人が圧倒的に多い。

H&MもグローバルのEコマース市場を意識するのなら、常に越境ECとしてコンテンツ制作を意識しなくてはいけない。

白人モデルが格好良く、クールに、といったグローバルを対象とした従来のビジュアルが通用するのか、アジア人モデルでアジアンフィットしたビジュアルを撮り下ろすべきか、ローカライズされたコンテンツ制作できるか否が今後の課題になっていくと思います。

ただ一旦、しゃがみ込んでのEコマース化は素晴らしい決断だと賛同します。
実際、地域にもよるが衣料品店は客足も戻っていないだろう。
なんせ、USではまだ来年中頃までWFHが続き、消費者は外に出る機会が激減しており、食事やアミューズメントで外出する機会も減っている。何かといえば、マスクをしていなければほとんどお店に入ることもできないわけで、オシャレからは程遠い状態が続いている人が多いだろう。
恐ろしい数の死者が出ている割には北米はレストランのインドアダイニングなどを再オープンしようとしているが。。。

Webでの購入が常態化している人も多いだろうし、メールの広告も前以上に見られるようになっていると思うが、今年は本当にセールも多い。すぐに70%オフとかになるので定価で買うのはバカバカしいと思っている人が多いのではないか。
地域や国にもよるが、感染リスクを冒してまでH&Mに服を買いに行くか?
行かないという人が大半ではないだろうか。
ファストファッションのオンライン販売は商機が見えるが、
ハイブランドとファストファッションの中間価格のアパレルがかなり淘汰されていく流れになるだろうから、SDGsを汲み取ったマーケティングだったりブランディングが必要だろう。
ファストファッションの性質上、商品寿命が短いのであまり在庫を抱えることができなそう。したがって、ECとの相性は微妙かも知れません。

一方で、ユニクロはベーシックなアイテムがメインなので、在庫リスクはファストファッションほど高くなく、品質も良いのでECでも安心して買えます。

逆にH&Mは実際に手に取ってみないと危険。これはIKEAも同様です。
お店とオンラインはどんどんマージしていく。消費者にとって、もはや買う場所が重要なんじゃなくて、どんな購買体験があるかが大事だ。
H&Mも5%店舗削減。数字がいいうちにデジタルシフトをどれだけできるかが、小売業界の今後の勝負ということでしょう。

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン