新着Pick
270Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
セールで定期的に在庫処分をかけつつトラフィックを作る、という小売の定番施策はコロナで「密」を避けなければならない状況下、見直さざるを得ないですね。とはいえ、在庫品の処分の出口は必要なので、その分ECなどでのオンラインチャネル上での特価セールのような販路が増えてきそうですね。
装飾のないノームコアのトレンドが落ち着いてきたという側面も売れなくなった要因に挙げられると思います。

シンプル過ぎるスタイルにも飽きがくるということがこの数年で証明されたため、ファッショントレンドが一周した感があります。

一方ユニクロはシンプルそうに見えますがうまくトレンド(ストリート、オーバーサイズ、グラフィック等)を取り入れて商品展開しています。
コロナの在宅勤務で売れなくなったもの…スーツ、化粧品、外出着

コロナの在宅勤務で売れるものとして、普段着(特にこれからの冬物)にターゲットを絞ったのでしょうね。

戦略は間違いなく正しいでしょう。
もっとも、カジュアルではユニクロという怪物がいます。

ユニクロとの差別化をどのようにしていくかが、大きな課題でしょうね。
(とりわけ、ヒートテックは多くの人々に浸透していますから)
「意図的に蜜をつくらない」というコミュニケーションはうまいと感じました。一方で、8-9月のアパレル領域の既存店前年比は84-85%前後と計画生産した在庫の消化が鈍いということでしょう。アパレル業界は既存店前年比65-85%の間、かつ店舗は60-70%のところが多いと印象がありますが、その中で良品計画のアパレルは堅調な方です。ファーストリテイリングが抜きん出ていますね。
売上の山を作りにいかない中で在庫回転にどう影響するか。この辺りは結果が興味深いですね。
アパレルでよくある定価で利益を稼いで、セール価格で在庫処分する流れは、そろそろ終わりにしてもいいと思う。コンスタントに売りきれる価格で出して、プロモーションするものを変えていけば済むはず。
株式会社良品計画(りょうひんけいかく)は、無印良品(むじるしりょうひん)を展開する専門小売業者である。 ウィキペディア
時価総額
6,677 億円

業績