新着Pick
924Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「人と違うことをしたくない」と「『あの人はちょっと他とは違う』と思われたい」という相反する欲求が強い気がします、日本人は。

同調圧力は、まさに前者によるものだと思うのですが、個人的には、初等教育からの「横並び」教育に因ると思っています。以前小学校の運動会の徒競走で、全員手を繋いでゴールさせる、みたいな事が話題になりましたが、「優劣をつけない」「順位をつけない」という基本的な考え方が強いと思います。飛び級制度がないのもその一つかと。

「優劣」「順位」といっても、この価値観が多様な世の中で、勉強が得意な子がいれば、運動が得意な子もいる訳で、それぞれが強みを活かして輝ければいいと思うのですが、なぜか単一のもの(誰かが決めた「いい子」像)が求められる、不思議な文化だな、と思います。・・・誰が決めたんですかね?

大人になっても、誰かが決めた「まともな大人」「いい社会人」像を引きずって、その基準からの減点方式で評価をされます。私たちのチームで「ここが足りていない、という議論ではなくて、個々の強みを活かすには」という考え方に切り替えられないか、という事で全員強みを分析し、共有し合ったことがあります。それが分かると、プロジェクトチームを組成する時に、それぞれの強みを掛け合わせた、より強いチームが出来ます。生物と同じで、変化の激しい時代に生き残るのは、多様性のある組織だと思います。

冒頭の相反する承認欲求が強いという点は、「人と同じことを求められる」力が強すぎるので、歪んだ形で表れるのかと思います。日本人以外も当然承認欲求はあって、ただ日常的に自分を表現出来ているので、こじらせた形になっていない、というだけだと思います。少し前のデータですが、SNSでの実名利用率は海外は20-30%であるのに対し、日本は8%程度というのを聞いたことがあります。「本当はこう思っているけど、主張すると批判されるから怖い。でも言いたい」という感覚でしょうか。人と違った意見(というか一人ひとり違うのは当たり前なのですが)でも主張すれば良いですし、それが当たり前ではない社会は少し怖いな、と思ってしまいます。

日本の競争力低下がずっと叫ばれていますが、その一因は多様性を受け入れないことだと思っているので、今回のコロナでそれを自覚出来たのであれば、良いきっかけにして変わっていけると良いな、と思います。
それはその通りなのだが、一般に同調圧力が
強い国は、社会が安定する傾向にある。

稀に見る犯罪の少なさは、同調圧力による
ところは大きい。 

宗教に一般に無関心な日本が、どうして社会と
して成立するのか?と海外から不思議がられる。

我々には、恥を知るという圧力があるのである。

一方でここに書かれている様に、閉塞感を産む。
自殺の多さも関連性が有るかも知れない。

そしてこれは、ある程度如何なる国でもある。
そしてその同調ポイントは、国によってかなり
違うので、その国の常識ポイントを理解する事が
極めて大切で有る。

願わくば、もう少し、個人の自由を許すべき
と言う同調圧力が形成されていって欲しい。
同調圧力は、変化するものだからで有る。
以下、根拠がない肌感覚…
・全般に同調圧力が強い国民性だと思う。肌の色などの多様性が低いことなどを要因に、無意識的に文化などに包含されて歴史的に継続をしているというのがあろう。「はだ色」という薄いピンクなども一つ(悪いと言いたいわけではなく、無意識に包含されている例)
・リアルで出てくる同調圧力は、世代を追うごとに減っているのではないだろうか。海外とのリアル・情報での接点が特に戦後増えている。だからジワジワと無意識の多様性が増え、また社会的に「同調しすぎの抑止への同調」(飲みにケーション根絶)みたいなのもある
・一方でネット上の同調圧力は、フィルターバブル・エコーチェンバー(自分と同傾向の人とつながることでその考え方が自己増幅すること)で、強く、また拡散しやすくなっているように感じる

同調圧力やそのバランスは、どういう情報があり、それがどう伝播され、個々人がどう捉えて、社会全体としてどう動く比率が多いかという話だと思っている。
だから個々人では、リアルの付き合いとネットでどういう情報を見るかという情報接点のバランスを取ることが重要。同調を自分が強制され過ぎていると感じたら、自分にとってそのバランスが合っていないということだから、そのバランスの変え時。バランス変えずに、そこから自分がどう感じるかを変えられるのも一つの方法だが、人間の脳・情報処理は過去の情報接種の蓄積で構成されるから、それを変えるのはものすごく大変。
「同調圧力」、人目を引くタイトルです。
「世間」が大切にしている「5つのルール」に納得感があります。

1つ目は「贈り物が大切」
2つ目は「同じ時間を生きることが大切」
3つ目は「年上が大切」
4つ目は、「うちは昔からそうしているから」みたいな謎のルール。
5つ目は「仲間外れをつくる」
同調圧力について ぜひ意識したい。 いろいろなところです 渡邉たちの行動に影響を与えている。
NHKの朝ドラ「エール」でまさにいま戦時中の同調圧力が描かれています。鎖国政策で単一民族化したゆえに、多様性が許容しがたい社会になっています。
「世間」が生み出す"同調圧力"に常に向き合っていることを改めて認識させられた。仕事柄、組織変革をテーマとしたプロジェクトに携わることが多く、ここで描かれていることをリアルに実感する…。「世間」=「会社」に置き換えられると思う…。以下の5つが「世間」の特徴であり、「世間」が大切にしているルールとのこと。

1:贈り物が大事 
2:同じ時間を生きることが大切
3:年上が大切
4:神秘性-うちは昔からこうしているという謎のルール
5:仲間外れをつくる

どれか一つ欠けると、"同調圧力"の空気が生まれるとのこと…。大企業病の特徴とほぼ一致しており、"半沢直樹"の活躍が今だからこそ痛快で面白いと感じるのだと思う…。ダイバーシティ&インクルージョンの重要性は誰もが分かっていると思うが、全く浸透しない要因は、この"同調圧力"にあると思う。心地良いと思う環境においては、自身で"茹で蛙"になっていることを気づけない。疑いようのない日常の当たり前に対して、ちょっとした"違和感"に気づいたら、その"当たり前"を疑う視点を持ちたい。"カマス理論"で問われている"新しいカマス"の視点を活かす取組みを促進する組織風土の醸成が求められると思う…。
とても同意できるコラムです。というか、コワイですよね世間って。

同調圧力が強いられる世間との間合いの取り方について、私は徹底的に「逃げる」派です。関わらないようにしています。
古来,周囲が海に囲まれて逃げ場のない日本におおいて,疫病が発生した時に,フリーライダーや抜け駆けをする者を厳しく取り締まることで,全員で一致団結,同調して疫病の駆除対策を行ったわけです.そうしないと,全滅する恐れがあったからです.疫病の正体が分からなかったときは,その対策が過剰であっても滅びるよりはましだった.そうして,日本では「同調圧力」が育まれてきました.文化的遺伝「ミーム」と言って良い.日本がこれまで存続するには必要だったと言えるでしょう.
しかし今や日本は海外に開かれ,科学によって疫病の正体と対策が明らかになりました.この状況では「同調圧力」が逆に作用しています.つまり,皆が同じ行動「同調」にしていたら海外から一斉に滅ぼされかねない.そこで急遽,リスクマネージメントとして同調しない異物の存在が大事になりました.同調圧力に同調しない圧力がかかるようになりました.
数千年かけて感染した国民病を撲滅する,つまりこれまでと逆に「同調圧力」に感染した人を撲滅することは,それなりの時間がかかるような気がします.
同調圧力は、空気であり「水を差す」と言う戦い方があるとはさすがです。
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。