新着Pick
74Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ついに発売!
日本の研究所で5年間開発してきたThinkPadです!
同じスペックのモデルが米国では2,899ドル。
日本だと363,000円。
もう少し地域差を小さく出来なかったのかな。

13.3インチサイズを10インチくらいのフットプリントで持ち運べるのが一番のメリット。そこの価値が価格と見合った人には、他に代えの無い、唯一の製品になる。

折りたたみ時の大きさは、約158.2×236×27.8mm(幅×奥行き×高さ)。
幅はiPhone Pro Maxと同じくらい。奥行きはiPad Airに近いサイズ。
それくらいのサイズ感で持ち運びが出来る。そこのインパクトは大きいと思います。
うーん、デザインシンキングなどの思考・発想に使えるかなー、と思いましたが、ラップトップ+タブレット(もしくは手書きのメモ)の2台持ちで良さそうです。
世に出るファーストコンセプトプロダクトだからこそ、使い道を考えるのが悩ましい。(そもそも使い道を考えなくてはいけない時点で、ハードウェアデバイスとしては。。)
高過ぎて売れないでしょうね。

私の環境だと、36万円あればiMac、ThinkPad、iPhone、iPadを全て新品に交換できます。開発した大和研究所の皆さんには気の毒ですが。
個人向けにしては高すぎる一方、曲げられる液晶はあまりに画期的な変化。法人・事業向けに使い方を探っていく段階だと思います
悪いけど…いらない。36万ってなんやねん

業績