新着Pick
237Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ついに一律昇給を見直すことに同意。 一括採用、一律昇級、終身雇用が当たり前の社会からの脱却に加速度がついた。
評価連動とあるが、正しく評価するためにも 評価する側のスキルが必要。 評価される側の納得感を出すには、きめ細かい指導とゴールセッティングが必要、
人材の流動性も活性化され、働き方も変わる。 転換期。
分かってはいましたが日本的経営の代名詞である。
一律昇給ひいては終身雇用が崩れていくんですね。
中産階級が減り、二極化が進む。
マーケティングも戦略も変わっていくでしょうね。
#ディグラム診断#木原誠太郎
「一律昇給」は、「ただ乗り」や「無評価」を連想させ、あまり評判はよくない。

しかし、「一律」は、あながち不合理な訳ではないと思う。従業員の目標設定と成績評価を実際にやってみると、その事にすぐ気付く。

なぜなら、すべての業務は分解すると、個人の活動に帰する部分と所属する部署や会社全体に帰する部分があるからだ。

この会社全体の業績結果による評価は共通部分として、「一律」にせざるを得ない。

「一律」でなく、個別にしたからといって、より適切になるとは言えない。「一律」と個別のバランスであり、個別をどこまで客観的にできるかだろう。客観的評価だけで済む業務はすくない。顧客満足度や360度評価などは、主観的評価を客観的に示したにすぎない。

ところで、給与条件の変更を、なぜ労組が「同意」できるのだろうか?
従業員を「代表する」者が、就業規則の変更に「同意」できるという例の労働法の規定は解せない。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
27.5 兆円

業績