新着Pick
33Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大統領候補討論会、両者とも入念に準備をするのが通例だが、アドリブ大好きなトランプは必ずしもシナリオ通りに喋ってくれるわけではない。そこで揚げ足取りができるかどうか、特に納税問題でのやり取りは見もの。
分極化で多くの有権者がどちらに投票するか決めているのですが、それでもほんの少しでも票が動けば激戦州も動きます。そのきっかけとなるか。
トランプ大統領は、今後4年間で3億ドル=約317億円のローンを払わなければならず、その債務はドイツ銀行にある…などAPが報じ始めています。大統領の海外にある個人債務や財務状況、資産のウラ側の詳細が徐々にクローズアップされるかもしれません。これらが納税疑惑とともに正当なものかどうか、「信任投票」の色合いが濃くなってきました。バイデン氏はテレビ討論で根拠に基づく指摘、清廉さを強く打ち出せるか、ですね。
別記事でもコメントしましたが、過去の経験則では、大統領討論会は第一回目で大体方向性が決まり、そこから第二回目以降での形勢逆転はなかなか難しいです。
このため、市場では第一回目が最も注目されます。
大統領選も終盤に差し掛かった、このタイミングでのスキャンダルはやはり痛手
トランプ大統領と、民主党のバイデン前副大統領の、初めての直接対決となるテレビ討論会がまもなく始まります。バイデン氏はこれを前に、納税証明書を公表しています