新着Pick
113Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
顧問的にお世話になっている、ヤフーと電通デジタルの取り組み。
窮屈な監視社会ではなく、犯罪捜査や行方不明者をもっと確度高く探せるようになったら、不幸な人が減ります。

今回は、重要度の高い指名手配犯にスポットを当てて、顔のバリエーションを作り出したのですが、ゲリラ豪雨を民間の写真で予測するように、テクノロジーと個人のちょっとした行動によって、行方不明者が家族に出会えたり、特殊詐欺に遭う不幸な人を減らせるようにすることが目標。これはその第一歩です。

私は、20年も広告クリエイティブに従事しています。広告そのものは社会の嫌われ者ですが、認知啓蒙の力で笑顔を増やしたり、幸せな人を増やすことはできるかもしれない、と考えています。
手配容疑者の顔写真は様々なパターンで掲示されていることがあります。

しかし、写真で実物をしっかり認識するのは案外難しいそうです。

それよりも役に立っているのが「似顔絵」だそうです。
特徴をしっかり把握しているので、同一性が認識しやすいとのことで。
ヤフーなどデジタル関連3社は、AIを活用して指名手配容疑者の現在の姿を予測し、情報提供を呼び掛けるサイトを開設したとのこと。
確かに現状の指名手配犯のポスターでは古いままの場合がほとんどですよね。
最近は精度が高いから、いけそう。
ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
3.69 兆円

業績