新着Pick
154Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
インバウンド向け観光プラットフォームWAmazingです。久しぶりに「コロナ禍で大変なスタートアップ」以外の切り口でご取材いただきました。^^
弊社の株主には、東急、JR東日本、JR西日本など、交通を担う事業会社が多く入っております。観光と交通は隣接領域であり、「移動できないとどうにもならない」のが観光産業です。

今、WAmazingでは、アフターコロナのインバウンド回復需要に備えて、様々準備しておりますが、そのうちの1つが、「地方のラストワンマイル」までの交通の自由さ。各地で勃興する観光型MaaSをWAmazingで外国人観光客につないでいきたいと思います。

▼記事より
――訪日外国人旅行者が抱える移動・交通の問題は、ほかにもあるのでしょうか?

加藤氏:近年の傾向として、東京、大阪、京都などのゴールデンルートはもちろん人気ですが、それだけに留まらず、都市部よりも温泉やスキーを目的に地方に行く方が増えています。実際、2019年の訪日外国人旅行者約3,200万人のうち、約25%が地方空港から直接出入国していました。

彼らにとって、地方を旅する際に一番問題となるのが交通、特に空港や主要駅から観光地や宿泊場所までの2次交通です。日本の国内旅行市場は約6割の旅行者がマイカーで移動するため、これまで地方の観光地が主にやってきたことは、高速ICを降りる場所に目立つ看板を設置し、広大な駐車場を用意することでした。しかし、外国人旅行者はマイカーを持っていないので、日本の地方観光で移動に困るという声は非常に多いです。

最近はレンタカーを借りる人も増えていますが、沖縄などでは交通事故が増えて深刻な問題になっていて、課題は多いと感じます。ローカルに行きたいというニーズに対し、地方にMaaSが導入されれば、車がなくても自由に移動して目的地に行くことができるのではないかと期待しています。
正直まだまだコロナ禍でインバウンドの来訪は厳しい時期が続くと思います。その状況を打破するサービスや再来訪を促せる仕組み?があると良いですね。
すばらしい視点ですね。海外からの旅行者にとって、日本の魅力を阻害する最大の要因が「移動の困難さ(切符を買う)」だと思います。

課題は、世界的には、新型コロナウィルス禍は、来年末から再来年末まで継続すると予想しているので、そこまで持たせる体力があるか…ですね。

あと、1年から2年の間は、以前と同じようなインバウンド需要は見込めない前提で、どうビジネスを維持するかが最大の課題だと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません