新着Pick
238Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
車は前方にも意外と死角があるので、(ここまで丸見えでなくとも)視界を良くしてもらえるのは助かります。同じくカメラとディスプレイをつかってフロントピラ―の死角を無くす工夫もありましたよね。
耐久性、価格、デザインなどで満足のいくものがいずれ出てくるのではないかと期待して待っております。
すごい技術があるんですね。ただし、怖くて運転できませんね(笑)

仕えそうなのは大型トラックの交差点での巻き込み事故の防止。それなら是非活用してほしいです。
ここまで極端なのはともかく、死角が減るのはいい。

問題は見せ方。
超広角カメラの映像を処理してる為、見えてるようで見えてない死角があったりする。

ドライバーはその死角が無いものと錯覚するのが1番怖い。
Spirit of St. Louisにもこれがあったらとリンドバーグは思ったでしょう。一部の航空宇宙オタクにしか通じないネタかもしれませんが。

未来の車はフロントガラスがなくてもいいかもですね笑
ご参考

人間拡張工学がデザインする未来の世界 ─光学迷彩の先にあるもの
http://www.optronics-media.com/publication/interview/20170828/47942/
すばらしい。東大・稲見昌彦教授の光学迷彩技術を実装する自動車。ぼくは自動運転より車内ポップ化に期待しています。ぜひ製品化を。 (ぼくは稲見研に客員研究員として所属してまして。)
ダッシュボードより、前方のフレームのところが死角になって結構怖いです。そこもお願いします笑
コンセプト飛行機でよくあるやつ
京セラ株式会社(きょうセラ)は、京都市伏見区に本社を置く電子部品、ファインセラミック部品、半導体部品、情報機器、通信機器、太陽電池、セラミック、宝飾、医療用製品などを製造する大手電子部品・電気機器メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
2.60 兆円

業績