新着Pick
84Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
グローバルでのポートフォリオの組み替えという文脈で納得の動き。Uberが保有しているASEANのgrab株を売却かというニュースがあったが、そうした独自展開が難しい地域ではアセットをキャッシュ化し、他の地域の投資に回すという意味でこのディールは魅力なはず。今後Uberのみならず各陣営が同じ動きを加速させる。
こういう報道に接するたびに、日本ではタクシー業界と行政によるライドシェア締め出しの頑なさを感じます。
庶民がなぜタクシーを使わなくなったのかを彼らはもっと真剣に考えるべきです。
どうなんでしょうね…。
将来性があればダイムラー、BMWの連合軍もせっかく立ち上げたビジネスを売ろうとは思わないでしょうから、赤字のウーバーが買うでしょうか。

ウーバーやリフトといったライドシェアは「シェアリングエコノミー」の旗手のようにもてはやされましたが、(コロナだけでなく)運転手の従業員化等によるコスト増で本業がかなり怪しくなっています。
一時は「シェアリング」といえば何でも素晴らしい!みたいな風潮がありましたが、少なくともクルマについてはうまくいっていません。
少し寂しい。
ウーバー・テクノロジーズが、ドイツのダイムラーとBMWの配車サービス合弁会社フリーナウの買収を検討しているとの報道。
「実現すればウーバーには欧州と中南米でシェアを拡大する道が開かれる」

業績

ダイムラー(ドイツ語: Daimler AG)は、ドイツ・シュトゥットガルトに本拠を置く、乗用車及び商用車の世界的メーカーであり、トラックの販売における世界最大手である。フランクフルト証券取引所上場企業()。 ウィキペディア

業績