新着Pick
189Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
最初は「既存店の付加」から始める事が多いですが、宅配に合わせた構造ではない為、店内売上と比較すると効率悪いです。

一定数の売上見込める場合、宅配専門店への投資となりますが、初期は外観・内装にお金かける必要なく居抜きで十分なケースも。月々の家賃も坪辺り1万円以下の物件もまだあり、20坪辺りの物件押さえて一拠点月商1000万円を実現するのが効率良いです。
宅配専門店への動き、素晴らしいですね。初期投資視点で必要な店内スペースや設備投資などもかなり変わってくる上に、オペレーション視点でも接客などが入らない分、時間あたりで捌ける効率性も全く変わってきます。店舗併用では成立しない立地も宅配専門であればエコノミクスが成立する事例も出てきそう。ブランド力のある外食チェーンにとって、注目の業態ですね。
感染が収束しても「店舗の客足は7割程度にしか戻らない」(ワタミの渡辺美樹会長)
在宅が増えてますし、在宅を継続する意向の会社が多いので、確かにそうなりますね。
家賃や人件費が単純に減らせるか宅配へというのは、ただの先細りでしかないなと。そもそも外食してる顧客と宅配してる顧客に対する提供価値は別もの。自社の根っこにあるものをちゃんと翻訳して顧客との対話に落とし込みたい
新規参入拡大で競争が激化するので、期待収益率が低下しそうですね。
自然の流れとして、そうなりますよね。
坪あたりの販売効率を考えれば、客の入る店に宅配やらせるよりも客の入らない立地にキッチンだけ作ってテイクアウトとデリバリーやらせた方がいいでしょう。デリバリーなら一階に店舗がある必要がない
コロナで客数が減ってるからといって宅配を始めても、それ自体が差別化要因にならなくなってますね。

わざわざファミレスや居酒屋のメニューを自宅で食べたいとは思わないです。出来立てを店で食べた方が美味しいし、価格も安いですから。

ピザの宅配みたいに、消費者が価格の乖離(宅配、持ち帰り)を受け入れられるかどうかだと思います。しかし、このメンタルブロックは手強そう。
ロイヤルHDや吉野家HDなど外食業界で宅配事業への参入が増えています。
「吉野家の宅配専門店では、出店費用は通常に比べ8割低く、接客従業員が不要で運営費用も3割削減できる」のだそう。上手くいけば収益性もかなり向上しそうですね。
むしろ、対応の決断が遅いと思う。

業績