新着Pick
352Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
丸亀製麺のスピーディな経営判断が、数字に現れた結果ですね。
コロナ前は、シズル感のあるCMが印象に残りましたが、確かに、安心安全→テイクアウトへと戦略的な流れが伺えます。
焼きとん大黒の事例でもそうですが、大変な時こそ先ずはクオリティを確認し、顧客満足度を高める事、が最重要だと再認識しました。
記事の内容以外にも、出店立地の違いで見ると同じうどん・そば市場で見ても戻るスピードに違いあるのが特徴です。立地の良し悪しが大きく変わったのが今回特に印象的なことです。
確かに衛生管理やテイクアウト対応など、トップダウンの意思決定に加えて、現場のスタッフオペレーションへの正確な落とし込みをスピード感を持ってやれるか、という店舗オペレーションのマネジメント力が求められる中、トリドールのこの実績は素晴らしいですね。
コロナ渦の中で大変お世話になっているのがテイクアウトです。子供たちがいるとさすがに平日夜に食べに行くことはなかなか出来ませんが、逆に今までのテイクアウトできた種類を超えて、こんな物までテイクアウトできるようになったのだと、選べる範囲が広がり子供も嬉しい麺類などもテイクアウトできるならと夜ご飯が種類豊富になりました。
私もテイクアウトできれば作らなくてすみますし、ありがたいです。
美味しいテイクアウトへの実行をすぐに決断され目の前の事を少しでも良くして行こう、改革しようと行動を続けるプラスのスパイラルは、素晴らしいですね。
外食産業が軒並み大打撃を受けている中、コロナ対策だけにとどまらず、スピード感を持って企業ブランディングにうまくつなげた成功事例だと思います。
衛生面のPRをしてからテイクアウトの打ち出し、というように、戦略を描くだけではダメで、コロナの動向と消費者心理を的確に捉えてしっかり意思決定していく経営体制の強さが出ている気がします。

家の近くの丸亀製麺、いつも行列ができています。
丸亀の、店舗の換気や衛生管理を訴求したCMをはじめたタイミング、とっても早く、さすがでした。

シンプルでわかりやすい。
衛生マーケティング。なるほど。

「前項で述べたように、丸亀製麺では初めにテレビCMで衛生マーケティングを行った後、テークアウトをPRするCMを打ち出しています。私はこのマーケティングの順序がとても重要だと思っています。

 仮に放映順序が逆だった場合、多額の広告費をかけてテークアウトのCMを放映しても「感染が心配だから買いに行きたくない」と思われてしまう可能性があります。これでは広告効果を高めることはできません。」
お手本。確かに丸亀は、もろもろ切替が早かったですよね。
業界関係なく、トップの判断のスピードと正しさで、結果が大きく違ってきてますね。
宅飲みの時に、丸亀製麺の天ぷらを、肴にテイクアウトしてます。
株式会社トリドールホールディングス(TORIDOLL Holdings Corporation)は、レストラン及びショッピングセンター等における飲食店舗の開発と運営をおこなう企業グループの持株会社。東京都渋谷区道玄坂に本店を置く。 ウィキペディア
時価総額
1,151 億円

業績