新着Pick
169Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
投資全体からすると大きくはないですが、外国株全てという見出しは強烈です。
消費の分野でもこの3つの視点抜きに語れない時代になってきているとも感じますし、企業が経済リターンと同時に社会的視点や環境への取り組みを同時に考える動きにもこの数字は追い風になるように思います。
ただ、コロナで業績が下がると、この分野で頑張っている企業にも利益追求の声がIR であがるのは少し寂しい。世界的に同じ基準で見られることは需要ですし、気候変動要素も経営に大きく関わる指標だと思います。問題は投資会社によって指標軸や項目が異なるのでここらへんがもう少し統一さらにはわかりやすくなるといいのですが。
一般勘定で1.2兆円くらい外株はありそうだが。
この規模だとパッシブ中心、ベンチマークのシフトでしょう。
長期で見ればベンチマーク移行が他の機関投資家の後追いなので、パフォーマンスはスタンダードな指数並程度の公算、一方レピュテーションはアップ。合理性はここだと思います。

PS
中期的にESG指数が時価総額加重平均指数と著しく乖離しないとの前提で考えています。
過去にテーマ投資してうまくいっているイメージがない。個別には上がるものもあると思うが、基本的にセクターとして割高になりやすい
小さくはないが、あくまで運用資産約36兆円のうちの4000億円、つまり1%の構成比の話ともいえる。
ESG指数のここ最近のパフォーマンスは良いと思うが、一方でその追い風で歪な値上がりをしているようにも思う(長期トレンドはともかく、短期での行き過ぎのリスク)。ただ1%だったらそこに劣後してもというレベルか。
下記が資産構成比。(こちらは2019/3末時点、有報には2020/3もあるが、図で分かりやすいので)。有報で詳細をみると、株式は国内約2.8兆円、海外は「株式等」で1兆円(外株全てで4000億円とかんがえると、株式以外が多い?有報海自レベルではそこまで窺えないが…)。また外貨建て資産は約1/4、リスク資産も大体1/4くらい。
https://www.dai-ichi-life.co.jp/dsr/investment/safety.html
ESGに投資するインデックスファンドやETFであれば個人投資家にも多少メリットがありそうですが、結局はテーマ型だと割高になりやすいデメリットがあることを学ぶべきでしょう。これはSDGsやSRIも同じ。

アクティブ運用で結果を出したければ、ESGにこだわるべきでは無いですね。生保なら現物の不動産でもポートフォリオ組めるわけですから。
おぉ、すごい。全てですか!?この価値基準が日本に浸透するのかまだよくわかりませんが、ヨーロッパだけでなく、アメリカや中国でESG投資への気運が今より広がると、日本も追随しそう。第一生命さんの決断はパイオニアとしての英断になるのか。
第一生命保険は2020年度内に外国株式での運用の全てを、ESG投資にするとのこと。「外国株でESGを全面的に採用するのは国内の大手金融機関で初めて」だそう。今後他社にも更に広がりそうです。
第一生命ホールディングス株式会社(だいいちせいめいホールディングス、英称:Dai-ichi Life Holdings, Inc. )は、日本の金融持株会社。2016年10月1日に第一生命保険グループが持株会社体制に移行し、第一生命保険株式会社から商号変更した。 ウィキペディア
時価総額
2.44 兆円

業績

関連記事一覧
第一生命が熱心に婚活パーティーを開く理由
ニュースイッチ
16Picks

第一生命、世銀のSDGs債104億円を私募で引き受け。途上国の新型コロナ対策支援で
HEDGE GUIDE
16Picks

第一生命、非定型書類も読めるAI OCRツールを導入 事務作業40%削減目指す
ITmedia NEWS
14Picks

富士通と第一生命、「AI保障設計レコメンドシステム」を開発 顧客満足度の向上と業務効率化を狙う
デジタルシフトタイムズ
9Picks

第一生命がAIレコメンドシステムを開発--年120時間の作業も効率化
ZDNet Japan
8Picks

第一生命ら「廃プラスチック削減債」を購入 約74億円を独企業に投資
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
7Picks

シナモンAI、PFU、富士ゼロックス、富士通、共同で、第一生命保険にAI-OCR基盤を導入。事務オペレーションのオートメーション化により約40%の業務効率化を目指します。
プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
6Picks

第一生命と損保ジャパンの提携内容見直しで、騒然とするひまわり生命
ダイヤモンド・オンライン
5Picks

【対談動画】第39回 富士通と第一生命、AIが顧客志向に基づく保障プランのシステムを開始!
K2 Assurance 保険アドバイザー 松本崇裕の海外保険ブログ
5Picks

第一生命の定期付終身保険「ブライトWay」すぐに見直しましょう!
K2 Assurance 保険アドバイザー 松本崇裕の海外保険ブログ
5Picks