新着Pick
88Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
流行地では特に、軽症者や若年者は自宅待機やホテル隔離などを行っているため、現場での実践内容に即した妥当な改訂だと思います。「必要な人に必要な医療を届ける」という体制を整える意味でも重要だと思います。

一方、重症者は、症状が出現してから軽い症状が1週間ほど続いた後に重症化するという経過が一般的であるため、若年者で持病がない人の中にも自宅療養中に症状が悪化する人が少なからず出てきます。安全性をどのように担保するか、課題の1つです。

また「高齢で持病のある家族が同居している場合の対応」「どこまでを持病とするか」「何歳からを高齢者とするか」といった具体的な部分も今後検討が必要だと思います。
東京都の現場でもう一つ実際に起こってきた課題の一つは、療養施設のベッド不足に伴う若者の軽症者の入院でした。

地域によっては、療養施設が足りないところもあります。こういった方針に合わせ、療養施設のさらなる拡充も検討しておかなければならないでしょう。
前々から言われていたが、それが現実のアクションになることは、関係者がちゃんとした仕事をしている証拠。
コロナの防ぎ方、治し方がわかってきて、こういう動きが出てきたのだろう。正しく恐れて正しく行動することは大事です。
【現実的な対応】

若年者や酸素投与が不要な軽症者、基礎疾患のない方は感染症指定病院やそれに準ずる病院対応ではなく、自宅待機あるいは宿泊施設での経過観察になることは現在の日本の医療現場の状況を鑑みて現実的な対応と言えます。

勿論、酸素化は保たれていても食事が食べられないことや家族の感染などで社会的に入院対応になってしまうケースはあるかと思いますので、「原則」ということでいいと思います。もちろん個々に例外的なケースに関しては柔軟に医療現場と保健所で対応していければと思います。

これから寒くなりインフルエンザウイルスや他の疾患も流行ってきます。コロナ以前から病院は忙しい季節になってきますので、多くの方に現状を理解して頂き、一緒にこのウィズコロナ時代を過ごしていきたいと考えています。
明らかに諸外国、特に欧米と違う様相の日本の新型コロナ禍。withコロナを考える場合、やはり一番の懸念は医療機関の逼迫。まだまだ解明されていない部分も多々ありますが、現状の最適解として、新型コロナ入院「高齢者」「持病」の人に限定というのはいいと思います。
確かに全面的に自粛すれば一時的には新型コロナ禍は収束に向かうかもしれませんが、また現状緩めれば拡がる可能性は非常に高い。
ファクターXが何なのかはまだ解明されていませんが、諸外国より明らかに日本の重症者数、死者数が少ないのは事実。
ならば経済も回せるように新型コロナ禍の拡大抑制と経済を回す最大公約数を見つける努力はすべきだと思います。
これは、指定感染症となっているコロナウイルスの感染者に対する措置を定めた政令を改正するということですね。

「指定感染症」となった新型コロナには、その特徴を少しずつ理解しながら、 一類~三類感染症に対して行える措置のうち、必要なものを選んで組み合わせた対策が進められています。

なんだそうです。2類と定められたわけではなく、1類から3類までの措置を、最適になるように組み合わせているそうです。

確かに、無症状なのに入院するのは、病院にも不要な負荷が掛かるし、患者は別の病気になるリスクもありますので、この改正は現実解だと思います。
とても現実的な対応だと思います。欲を言えば、その裏にある「そんなに心配しなくても大丈夫だよ」というメッセージを国民にしっかりアナウンスしてほしいところ。
朗報