新着Pick
370Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事にするために、「圧力」とか「介入」としているのだろう。米国政府の肩持つわけではないが、実態は違うようだ。
米国政府がクリーンネットワーク構想の中のクリーンカンパニーとしたのが先で、日本企業は、してもらって戸惑ったのが正直なところ。
主導するキースクラック国務次官から説明受けて、一応事後に感謝コメントを出すに至ってはいるが。
各社のコメントぶりは公表されているが、中国との関係もあって苦労の跡がうかがえる。
確かにキースクラック国務次官はIT業界で成功した人物で、プロセスにやや強引なところがあるが、圧力とか指図といった単純なものではない。
アメリカのクリーンネットワークプログラムの一部ではないですか?あれは企業が直接参加していますし、キャリアも加盟していたかと思いますが。しかし国力を強めるにはそもそも中国だけ制限すればいいのかは議論すべきです、じゃあアメリカや欧州の企業には食い散らかされていいのか。ホントに安全なのか、安全とは経済も含まないのか。
国内の議論はまだまだ弱腰。
そしたら「いいよ、じゃぁその代わりアメリカはNECと富士通の設備買うよね。え?まさかNOとか言わないよね?だってアメリカにはインフラのベンダーないよね?」と交換条件出せばOKですね。特に衝撃でもないでしょう。
まあ、現代の技術と経済と安全保障の組み合わせを考えたら、米政府が直接日本の民間企業にアプローチするのは必然だろう。
NECや富士通にとっては追い風ではあるけど、グローバルではエリクソンやノキアが強いと思うので、期待される技術力やコストで中華製に勝るものを出せるのかが気になる。
米政府高官が日本の「NTT、KDDI、ソフトバンク、楽天の大手通信キャリア4社に加え、NECと富士通の通信設備ベンダー2社」に直接、中国製の機器や5Gネットワークからの排除を求めた、というダイヤモンド社のスクープです
超大国中米の狭間でうまく立ち回ってしたたかに生きていくのが、今後の日本のサバイブ術だが、肝は、大局観、外交、交渉力。今回のアメリカの要請は想定内だが、単なるイエスだけでなく、要請を受け入れる代わりに、日本や日系企業に有利な条件を飲んで貰う交渉はしたのだろうか?
KDDI株式会社(ケイディーディーアイ、英:KDDI CORPORATION)は、日本の電気通信事業者。 日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
6.38 兆円

業績

業績

ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
14.8 兆円

業績

日本電信電話株式会社(にっぽんでんしんでんわ, にほんでんしんでんわ、英語: Nippon Telegraph and Telephone Corporation、略称: NTT)は、日本の通信事業最大手であるNTTグループの持株会社。持株会社としてグループ会社を統括するほか、グループの企画開発部門の一部を社内に擁し、規模的にも技術的にも世界屈指の研究所を保有する。 ウィキペディア
時価総額
8.64 兆円

業績