新着Pick
750Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
リノベーションしてバリューアップできそうな物件も確かにありますが、そんな物件ばかりではない。

都市部集中の流れと、同時にテレワークできるから郊外に住みたいという人は奥沢よりももう少し都心から離れて安いエリアに移っていく可能性が高い。
そうなるとこのエリアに空き家が増えるのは必然です。

果たして問題なのか、という議論もありますが、問題とするならば、改修や撤去にインセンティブを与えるべきでしょう。不法滞在などのリスクも高まり、それによって周辺の環境が悪くなり、、という悪循環が生まれます。
先日建築学会のパネルセッションに参加したのですが、空き家推定技術について素晴らしい技術を聞きました。

一つは自治体と協力して水道の使用量から推定するというもの。確か精度が100%近かったです。

また、ドローンを飛ばして各建物から発せられる赤外線をみるというものも、面白かったです。

秋山祐樹先生
http://akiyama-lab.jp/yuki/works.html

ドローンにより収集した熱赤外画像を用いた空き家分布推定手法の基礎的研究
http://gis.chubu.ac.jp/pdf/collabo_report/2018/201808.pdf
更地にした方が税金高いんじゃねえ…

ぶっちゃけ今後年間150万人死亡するうち9割が75歳以上、その7割が戸建でその6割が死別した一人暮らしだとすれば、毎年56万戸ずつ空き家が増える計算。
東京都は土地の値段が高いので、家が古くても強気な値段をつけて売ろうとしてしまい、結局買い手が付かない物件も多いと思います。
昭和の高度成長期に小さく分筆された土地は、一定以下は再開発を前提に業者が買い上げられるように、国が介在出来れば良いのですけどね…
東京都が、実は少子高齢化に伴う問題が最も深刻化するエリアだというのは昔から指摘されていた話。その一環が具体的に表面化したということでしょう。不動産や税金に関わる法制を見直さないと、この状況は深刻化すると思います。
空き家をレンタルスペースなどに転換し、付近住民のテレワーク、サテライトオフィス、日々の利用などで活用していきたい。定期的に利用されることで空き家の老朽化を防ぎ、占有者も排除でき、町の治安を維持できる。またコロナ禍において「ご近所エコノミー」が拡大していく中で、中長期的にもサードプレイスとしてのニーズが見込めるので、行政や沿線私鉄などと組んで進めていきたい。

【参考】京急電鉄の遊休不動産をスペースマーケットが再生プロデュース!時間貸しで沿線価値を向上
https://spacemarket.co.jp/archives/12181
これからさらに空き家は増えますね。人口も減少していくだろうし、その土地をどう活用していくか?需要はありそうです。すでにリノベーションを軸とした不動産会社も多くある気がしますが、歴史ある建造物や民家をよりアップデートさせて文化とするのも民度のレベルだと思います。
個人的には歴史的建造物がリノベーションされたホテルなどに非常に魅力を感じているので、民家もそういった使い方が今後増えてくるのではないでしょうか。
古い家は現在の建築基準を満たしていなかったり、工事の難しいケースもあるのですよね...。
「都の空き家率は10・6%で全国平均(13・6%)を下回る一方、その数は突出している」
欲張らずに安く貸せばいいのに。新築、築浅に拘らない層って一定数いると思うんだけど。僕は都民になってから築40年とか50年とか古〜い物件ばかり借りてます。今風にリノベしてなくてもキチンと手入れされていれば全く問題ないです。
東京R不動産的な面白い物件がもっと出てくればいいのに。