新着Pick
134Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本と比べて、ECなどにおける商品や配送クオリティの低さにより、返品に対する需要は相当あります。弊社が過去独自に実行したグローサリーデリバリーの米国ユーザー調査でも、返品プロセスの容易さが利用したい要因の一つに入っていました。そういった意味でも相応の需要があるサービスなのだと思います。
消費者の行動と心理が十分研究されできたプロセス。 返品が「煩わしい」か「快適」かの違いは購買決定に大きく影響する。
あって嬉しいが、 なかなか思いつかないサービス。 ネーミングも魅力的、
ECが普及する前までは存在していなかった提供価値(ここではストレスのない返品プロセス)が新しい事業機会を生む。
私は「早くて価格の透明性が高い」サイズお直しサービスにも需要がある気がするのですが、なかなか成功事例が出てきません。
返品がしやすいと購入へのハードルが下がる。これはネット上でAmazonが実現していること。
二次流通があれば、一次購入もしやすくなる。これはネット上でメルカリが実現していること。

対面で返品できれば、また新しい層を刺激して、EC利用者を増やすかもしれませんね。
アメリカで返品は気軽に行われているように感じていましたが、オンライン利用者が対面で返品することを好むというのは、アメリカならではの示唆ですね。

"オンラインで買い物をした客は、商品を返送してクレジットカードへの返金を知らせるメールを待つ手間よりも、対面での直接の返品を好む──それが彼らの得た教訓だった。"
面白いサービス。コロナ禍でECの利用が急増してますし確実にニーズがありそう。返品を積極的に受け付けることは顧客満足度アップにもつながると思います。