新着Pick
64Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本駐在の大使をした経験を持つ王外相。
日本には友人もおおいそうだ。
日本のメディアはあまり評価されないようだが、非常に忠実に国の外交政策を守っている人。
第一次安倍政権の2006年10月、安倍首相は初外遊先を中国に選びました。靖国参拝にこだわり小泉首相の下で冷え込んだ日中関係を立て直すためでした。ここで「戦略的互恵関係」という両国の外交概念がまとまりました。今回は中国からやって来ます。米中対立が続く中、その打開に向けて日本の役割を期待してのことでしょう。日本の存在感を発揮するチャンスでもあります。誠実であり、したたかでもある外交を期待します。
注目の来訪ですね。
米中対立が加熱する中で、日本の立ち位置はとても重要。
このバランスをうまく調和できれば日本の存在感を世界に示す良い機会になると思います。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン