新着Pick
9Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
オランダ政府は、経済・気候省が委託した調査で、原子力は風力や太陽光発電と同じくらい安価であり、国内で最も安全な発電方法であると主張した後、新しい原子力発電所の建設に関する協議を開始する予定。

報告書では、原子力エネルギーが実際にはテラワット時の電力あたりの電力を生産するための最も安全な方法であると主張している。


スイスのPaulScherrer Instituteの調査結果を引用して、報告書は、事故が発生し、放射性物質の放出が考慮された場合でも、テラワット時あたりの死亡者数で測定した場合、人口への影響は他のどのエネルギー源よりもはるかに少ないと述べている。


研究所の統計によると、原子力発電は、太陽光発電で0.245人、洋上風力発電で8.5人、石炭で120人の死者と比較して、毎年TWhあたり0.01人未満の死者を出しているが、平均的な死傷者の時間枠は示されていない。

ただし、報告書をまとめたコンサルタント会社エンコやポールシェラー研究所は原子力産業とのつながりがある。エンコは元IAEAの原子力専門家によって作られている。


Encoの報告によると、小型原子炉(SMR)は、工場での連続生産とモジュラー設計と組み合わせたより短い建設時間により資金調達が容易になり、建設リスクが低下するため、大規模プラントの代替となる可能性がある。ただし、コンサルタントは、SMRが世界のどこでも商業段階に達していないことを認めている。