新着Pick
775Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
いろんな考え方があっていい。
ドワンゴ社の場合、7月からフルリモートに移行したが、本社はそのまま維持し。これから固定席を80%廃して(フルリモート社員分)、スタジオと多数の会議室に大改造する。20%の固定席使用社員も出社は週2回程度。本社は社員が毎日来る日常スペースではなく、特別なとき(スタジオ使用やリアルミーティング)に気分が上がるハレの場に変える。そうなると場所も便利なところがいいのであえて高い賃料の銀座のまま維持。
たとえフルリモートであってもいつでも集える場所があるようにしておくことは大事だと思うので、本社オフィスの大幅縮小はしない方針です。
「リモートか対面か」というのは働き方の1つの軸ではあると思いますが、人間関係づくりという点でいうとリモートかどうかにかかわらず「お互いに興味を持って一緒に過ごした時間の長さ」が大切で、それが閾値に達しているかどうかが重要なんだろうなと思いました。ただ、一度作った関係も徐々に風化していくので、合宿がベストかどうかわかりませんが、定期的なメンテナンスが必要と思います。夫婦関係も結構そうだったりするのでは。
確かに「リモートワーク最高」を言っている人は「満員電車最低」と思ってるだけのケースも多いです。フルリモートでもフルリモートじゃなくてもリモートも自由に出来る中仕事を楽しくできる環境を作りたいですね!
満員電車もだけど、移動する時間そのものが嫌ってのはあります。
それがなくなるのであれば本当に嬉しいんだけど、そうなると自分の場合は楽天に転職せよってなっちゃうな。歩いて通えるからw

淡路島に本社を移転される大企業も出てますが、職住接近はこれからのトレンドになりそう。
ただ都心での職住接近ではなく、郊外とか地方とかで。
新型コロナウイルスの終息がいまだ見えず、リモートワークが定着してきた。都心のオフィスに通勤する必要がないなら、郊外や地方で暮らしたい。そう考えて移住する人が増えている。

一方で、全くオフィスに出勤しないフルリモートでは、従業員同士のコミュニケーションが減り、仕事への弊害があるとの意見も多い。企業側は、従業員をオフィスに回帰させるべきか、リモートワークを継続すべきか。オフィスを都心から地方へ移転する動きも出てきた。

そこで、18年前にオフィスごと郊外へ移した先進企業にインタビュー。面白法人カヤックのCEO・柳澤大輔さんは、1998年に東京で創業したが、2002年に本社を鎌倉に移転した。社員に対して「職住近接」を推奨し、フルリモートは推奨しない。一体どんな働き方・暮らし方をしているのか。柳澤氏とカヤックの社員3人に鎌倉生活を聞いた。

INDEX
☑️ のんびりした「鎌倉時間」
☑️ 仕事が嫌な理由は3つ
☑️ 仲間と会って働くことにこだわる
☑️ 「まちのテーマパーク化」
☑️ 地域にコミットした方が楽しい
☑️ 「お試し移住」の時代
☑️ 住環境に投資を振り分ける
☑️ お宅訪問① 東大大学院卒、サーフィンがしたくて入社
☑️ お宅訪問② 「職住“学”近接」最高の情操教育
☑️ お宅訪問③ 海が見えるマンションで幸せな生活様式
社員のリアルな生活が伝わってきて面白いですね。因みに海沿いであれば一番の僕のお勧めは横須賀の秋谷という地域です。鎌倉や葉山より更に緑が多く、時間の流れがゆっくりしているところが好きです(それでいて都内までも車で約1時間) 是非、海沿いを検討される方は横須賀の秋谷地域も見てみて下さい!
移住論の特集の最後にふさわしい記事。世代もあるのかもしれませんが、価値観まるごとド真ん中の考え方や働き方や生き方が抽象具体で示されているな、と。

特にそうだな、と思ったのが↓のあたり。個人的には共感しかないですね

・インターネットがあれば、いつでもどこでも働けるからこそ、組織に所属して仲間と一緒に働くことにこだわりたい。同じ仕事をするにしても、一緒に働きたい仲間と会って喜びを共有することで何倍も楽しくなるし、成長も早くなる。だから、会社に来ることが楽しくなることを我々はずっと目指しています

・地域の課題を「自分事化」して、主体的に関わっていけば、より面白くなってくる。反対に、地域に全く関わらずにただ住むのは、楽しみ方が半減すると思います
10年以上前に、鎌倉のカヤック本社に行き、柳澤さんにウェイクボードをひっぱってもらいました。
カヤックはいま話題の働き方をずっと続けている会社ですね。
私も「職住近接」派です。
カヤックの柳澤さん、素晴らしい考えです。多くの話に共感しました。スタッフ3人の方のコメントも素敵です。地域コミュニティへの関りは柳澤さんの方が大先輩だから、うちもこれからカヤックを参考にして行きたいな。柳澤さん、色々と教えてください!笑
柏の葉キャンパスに拠点を置いている弊社も凄く同様の価値観を持ってる。今回のコロナ騒動において社員の働き方や職住に対する考え方は間違いなく固まった。

オンオフと分けられる職住だが、これは本質的には地続きであるということ。それであれば当たり前に「両方ともがパフォーマンスに影響する」し「両方ともが最優先されるべき」だし「一つのものとして考えていかないといけない」ということだと思う。
この連載について
コロナは「家探し」に大きな影響を与えている。全国的にテレワークが普及し、仕事場がオフィスから自宅中心に移行。従来の「賃貸vs持ち家」という論点に加え、「便利な都心に住むか、それとも広い郊外・地方に移住するか」という新たな論点が加わり、迷っている人が急増中だ。いま、どのような観点で住まいを選べばいいのか。データや有識者への取材から、2020年後半の不動産市場を予測し、「新しい移住」を考える。
株式会社カヤック(英文社名 KAYAC Inc.)は、神奈川県鎌倉市に本社を置くWeb制作会社。通称面白法人カヤック。 ウィキペディア
時価総額
126 億円

業績