新着Pick
245Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本のランドセルは頑丈で昔から形変わらず、今や赤や黒の色だけでなくカラフルですよね。
割と子供たちが最近は落ち着いたダークな色を選ぶのだなと、大人びたチョイスにびっくりしていた次第です。
六年間使えて、まだ機能性十分なまま、その後に使い道がないためリメイクするのも良いかなと思いました。
海外で大人用に使われている姿には、まだなんとなく慣れないですが…これもファッションとして浸透すると、日本でも大人が使い始めるのでしょうか。
ランドセルは両手が自由になり、教科書などを運ぶのには最適。 ただやたらと重かった記憶がある。
教科書の電子化が進むと ランドセルも小型化するか?
素敵な話だが、日本の大人が評価出来ないのは
残念。
そして逆輸入よパターンなのだろうか?
「鞄としての機能と工芸品としての美しさ」を両立させているのがランドセルなのかもしれない…そんなことに気づきました。

もしかしたら欧州でも、そういった感覚を持つ人たちが増えているのかもしれませんね。

満員電車の中でランドセルは…以前だったら迷惑ですが、今の時期だけは、ソーシャルディスタンス確保のために、かえって良いかもしれませんので。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
そもそもランドセルってオランダ語から創られた和製語なのか。でもこれを大人が背負ってるのを見たらシュールだなぁ。
去年、孫に高価なオーダーのランドセルを買ってあげた本人だから言いますが、

1年生が何故あんな大きくて重たいバッグを背負わなければならないか、理解できません。子供の成長に合わせて、もっとずっと安価で軽い子供向けのバックパックを、買い替えていけばいい。

オシャレな外観も、結局は交通安全のビニールカバーで覆われる。とても虚しい。もっとも子供にはその感覚はありませんが……

多くの人はそう思っているはず。だったらさっさと止めればいい。

メーカーは皆海外などの新しいマーケットを目指してください。日本の文化が海外で広がることはすごくcool!
ランドセルは幕末の軍隊が導入した欧州の背嚢。国内で発展して本場に逆流するなら、アニメやゲーム、ロリータ服などと同様の「クールジャパン」となります。
しかし国内は、少子化なのに6ポケッツで市場は拡大、平均5万円。いびつ。それならPC買ってやれよ。と考えて「デジタルランドセル」構想をぼくらが打ち上げたのが10年前で、それがデジタル教科書運動に変わり、今年ようやくPC一人1台が「公的資金」で達成します。
でもぼくは、PCなどハードウェアは基本、ランドセルのように家の負担でいいと考えます。ランドセルは海外の大人に買ってもらって、日本の子どもにはデジタルを与える、でどうでしょう。おじいさまおばあさま。
高品質、機能性に加えてアニメの影響もあるというのは興味深いですね。
ランドセル、確かに小学生だけでは勿体無いですね。
ランドセル中国でも絶賛されてますね
株式会社フィット(英語: Fit,INC)は、徳島県徳島市川内町に本社を置く建設会社。 ウィキペディア
時価総額
57.8 億円

業績