新着Pick
244Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
退職してからの生き方によるのでは?
一生働く人は少ないだろう。自分の生き方を持ち 仕事以外でも周囲と関わりを持てるよう 日頃から準備が必要。
会社と肩書きという看板が外れて、一気に劣化する。

仕事を辞めることにより、この2つの拠り所がなくなり、自分を価値を示せなくなったと考える。

人の目を気にしようにも、看板がないと、どうにも自信が持てない。だから「元○○会社○○」という名刺を作っちゃうんですよね。

過去にすがらず、新しいことにチャレンジして、自分の未来にワクワクしていれば、劣化しませんよ。
暗闇の中でしか光は見えない。
本当の自由は不自由の中にしかない。
自由にしていいよと言われると途方に暮れるのが人間。
あるお医者さんが言っていました。歳をとっても全然老けずに若さを保っている高齢者に共通する特徴を聞いたら「仕事をしていること」だと。

確かに聖路加病院の日野原院長は生涯現役で、あの方に「老後」はありませんでしたものね。
歳を重ねても仕事をしている人は若々しいなぁといつも思います。
また、私のようにフルリモートで働いていると老けてきてしまうなと思っています。そこに危機感を感じて2年前から地元で副業を始めています。
人とリアルである程度緊張感を接することは若さの秘訣なのかなと思っています。
この記事に書かれている内容には同意できません。

他人の目を気にすること自体…迎合と忖度の原因になるので、やめた方がよいと思います。

そうではなく「自分の価値提供の内容と、それによる結果」にフォーカスすべきではないでしょうか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
あなたは仕事以外で人とのつながりがありますか?と尋ねられている気持ちになりました。答えはYesなのですが、コロナ下で懇親の場が減ってるので、なんとかしたいな…と思う今日この頃です。
昨日見た動画の第一話で、老いたら辞められるのに、と言って患者を説得した老医師が出てきた