新着Pick
110Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
インドアセキュリティのオールウェイズホームカムには正直たまげました。驚きは3点で、Ringが開発していたこと、あんな小さなホールに自動離発着すること、そしてその値段が2万5千円と破格であることです。参照価格も急激に下がり、一気に枯れた一般化されたマーケットになる予感がします。同じ分野に取り組むメーカー、ベンダは戦々恐々でしょう。
面白い試み!パロディ動画かと思ってしまいました(笑 実用になるかどうかはともかく、データ収集(家の中という意味でも、ドローン開発用という意味でも)としては大いにありです。

みんなが期待する「ドローン配達」はまだまだ障壁が多いと思っているので、そこに向けてのデータ収集ができます。この大きさで室内なら、たとえ落ちても虫が当たったぐらいのもので、けがもありません。現在ドローンの使い方の王道は「カメラ」で、ペイロードがカメラだけでそれ以上重いものを乗せない、機能的にもこれならOK。やはりアマゾンは頭がいい。
このセキュリティシステムはかなり良さそう。2万5000円程度の価格もかなり魅力的。仮に、ドローンが破壊されたとしても、スマホ側で録画ができている。今回のアマゾンの新商品発表は魅力的なものが多い。

製品の動画はこちらから見ることができます。
https://youtu.be/i2jFN_QEcS4
セキュリティ用途から入ってきました。これはニーズありそう。部屋が複数ある場合、カメラも複数になるため249ドル以上かかるでしょう。一台で全ての部屋を回れる。スマートというよりコストダウンで相当需要がありますね
スマートプロダクトはその期待の大きさとは裏腹にセキュリティ面では不安が大きいと言われてきたので、Amazonのような大手にはむしろドローン自体がハックされないようなセキュリティ技術の開発など、もう一歩踏み込んだところまでやってくれたら嬉しいなと思ったりします。
考えたことをアクションに移すスピードと試した結果により次のアクションを取るというサイクルがうまく回っていると感じる
室内ドローン良さそうですが、部屋間のドアは開いている前提なんですよね。
アマゾンはクラウドゲームだけでなく、セキュリティー製品も公表しています。テスラ車と互換性がある自動車用セキュリティー用品!
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。 ウィキペディア
時価総額
134 兆円

業績