新着Pick
6Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「多国籍企業の子会社から中国企業へ、世界的に認知されたブランドを持つWeWorkの中国事業の移行を実現する、いわばフランチャイズのようなものだ。」「売却の一環としてレイオフが実施されており」

FC化は良い打ち手だと思います。
ライバルシェアオフィスが増える最中、少なくともキャッシュベースで黒字化しやすい。
また、FC化と同時に、WeWorkはスタッフの固定費が非常に高い為、レイオフは免れないのでしょう。

日本国内のライバルのツクルバも、20数箇所のシェアオフィスのうち、直営はたった1箇所。他は全てFCで事業黒字です。
FCでもコミュニティ運営はできています。

WeWorkの今後は、FC化/閉鎖、レイオフということかもしれません。