新着Pick
321Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
事業会社で顧客に重機や機械を取得させるために、バックファイナンスするリース会社を持っていたところは、リーマンショックの時にみんなリース会社をオリックス等の独立系リースに売却してしまいました。
リースの金利は低く、ROICが到底事業会社のWACCを超えることができず、事業価値を毀損するとのことから、事業の組み替えを行ったためです。
最後まで残って持ちこたえていた日立キャピタルですが、2016年に日立製作所は三菱UFJフィナンシャルグループと三菱UFJリースに3分の2を譲渡していましたので、自然な流れです。
ついにですか。合併にまで踏み込んだのは、もともと収益率をとるのが難しい方向になる中で、今回のコロナ禍が背中を動かしたことは確かでしょう。

リースは資本力による与信提供能力が大きい方がビジネスになりますから、こうなると他の再編も動くのか気になりますね。みずほ系もですが、三井住友ファイナンスリースが25%持ってるNEC Capital もどうするのでしょうか。
これから、特に規模メリットが取れる業界における大規模合併が増えるでしょう。既に他業界でもそうした動きが出ています。
生きていくためにはプレイヤーは多すぎるし、市場は変わりすぎている。本当は、新しい市場に合わせた新しいビジネスモデルが必要なのだけれど。
もともとファイナンシャルリースは金融業と同じです。

リース業者が顧客に機械等を貸して、レンタル料を取るというイメージを持たれることが多いですが、実質は金融業なのです。

顧客が選んだ機械等をリース会社が一括して代金支払いをする。
その代金プラス利息を、顧客はリース料としてリース会社に支払う。
機械等の物の所有権はリース会社が持つ。

お金を借りて機械等を購入するのと同じです。

商社のほうが、顧客のリース需要をきめ細かく把握しているので、三菱商事が主導権を取ったのでしょう。

銀行融資が伸び悩んでいる中、ファイナンシャルリースでの金融収益は一つの柱になります。

競争激化が予想されます。
三菱UFJリースは三菱商事とMUFG、三井住友ファイナンス&リースはSMFGと住友商事という形で、商銀JVモデルとして展開している昨今。
ここで、三菱商事が日立キャピタルの持ち分を取得することで、三菱UFJリースのパワーバランスが商事寄りになることは確か。
①・②が説明資料とリリース、2021年4月1日に新会社発足予定。
日立にとってはこれまで進めてきた上場関係会社の整理・エグジット、リース業界や三菱商事にとっては、伊藤忠がセンチュリーリース、住友商事が三井住友F&Lの持ち分を上げている(③)が、商社がリース機能を強めている流れ。
リースの中で航空機リースはそれ単体でグローバル事業で少し違う毛色だが、SMBC Aviation Capitalに日立キャピタルも18%出資している。一方三菱UFJリースも2012年にJSA買収(④)している。ここらへんも商社の航空期間れ事業と併せてどうなっていくだろう。
https://www.lf.mufg.jp/investors/library/pressrelease/pdf/202009246.pdf
https://www.lf.mufg.jp/investors/library/pressrelease/pdf/202009244.pdf
https://www.sumitomocorp.com/ja/jp/news/release/2018/group/20180330
https://www.aviationwire.jp/archives/10007
https://maonline.jp/articles/archive_tokyo_century2019?page=2
飛行機のリースを例に出すまでもなく、今かなり収益は厳しいでしょう。業種にもよりますが、中小企業のコスト項目上位に来るのは不動産賃貸、人件費、リース支払い。今は支払いを繰延してくれてるところが多いと思いますが、いつまで待ってくれるか。トリガーを引くのは銀行よりもリース会社かもしれない
日立キャピタルはMUFLよりも小口の顧客とリース商材を扱ってるから、その辺のドメインまで裾野を広げるのが狙いですかね。まあ元々出資はしてたのでPMMも比較的スムーズに行きそう
まあ、色々ありました。とりあえず。
東京センチュリー株式会社(とうきょうセンチュリー、Tokyo Century Corporation)は、東京都千代田区に本社を置く、業界2位の大手総合リース会社。伊藤忠商事の持分法適用会社。旧第一勧銀グループの一員。 ウィキペディア
時価総額
6,816 億円

業績

三井住友ファイナンス&リース株式会社(みついすみともファイナンスアンドリース、SMFL)は、東京都千代田区に本社を置く、日本の最大な総合リース会社の一つであり、三井住友フィナンシャルグループと住友商事双方の持分法適用関連会社である。 ウィキペディア
日立キャピタル株式会社(ひたちキャピタル、英:Hitachi Capital Corporation)は、東京都港区に本社を置く、日本の大手総合ファイナンス会社である。日立製作所および三菱UFJフィナンシャル・グループの持分法適用関連会社。日産コンツェルンの一員。 ウィキペディア
時価総額
2,917 億円

業績

三菱UFJリース株式会社(みつびしユーエフジェイリース、英 Mitsubishi UFJ Lease & Finance Company Limited)は、東京都千代田区丸の内に本社を置く業界3位の大手総合リース会社。三菱グループの中核リース会社である。東京証券取引所市場第一部上場。コーポレートスローガンは「Value Integrator」。 ウィキペディア
時価総額
4,193 億円

業績