新着Pick
46Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
難民が行きたい国(ドイツやスウェーデン)と行きたくない国(中東欧など)、いずれも難民をあまり受け入れたくない。
難民が行きたい国が面倒を見れば良い、が、難民が行きたくない国の基本的な論理です。それを全体で面倒を見る、では、中東欧諸国は確かに反発する問題ではあります。
人道的側面と経済的動機があり、一筋縄ではいかない問題です。わが国でも移民・難民の問題が色々議論されています。ウォッチしていきたい問題です。
EUの新制度案が発表された直後、アムネスティインターナショナルは、EUに対して、移民問題に関するリビアとの協定を廃止するよう求めた。密入国業者による移民流入に苦慮するEUは、それを減らそうとリビアに費用提供して取り締まってもらう協定を結んだ。しかし、その取締りが無茶苦茶な暴力になっているというのだ。なお、EUは、移民流出元となる20数カ国と同じような協定を結んでいるが、それが上手く機能しないから、今のような事態になっている。
2015年の難民危機でEUは、その場しのぎの策として全ての加盟国に一定数の難民を割り当てることにしましたが、東西の政治的対立の一因に。欧州委員会は当時受け入れを拒んだポーランド、ハンガリー、チェコの3カ国を提訴し、欧州司法裁判所は3カ国がEU法に違反したとの判決を下しました。
新制度を強硬に導入すれば東欧諸国との溝が深まりかねません。西側でも各国で移民排斥を掲げる極右政党を勢いづけることにもつながります。現行の提案のまま合意につなげることは難しいのではないでしょうか。
EUへの難民の防波堤となっているトルコとの関係も悪化しており、難民問題は今後もEUのアキレス腱であり続けるでしょう。
ドイツのニュースでも大きく取り上げ
られています。

ドイツの見方は、人道上難民を受け入れを
拒否する事は、あり得ない。
一方でこれはヨーロッパ全体で対処すべき。
2014年のドイツの大量受け入れによる
失敗を、繰り返さない。

難民は、家族や友人を呼び寄せる事になります。
なので受け入れの対応のわずかな違いでも、
受け入れ人数が大きく変わりと言う事です。

しかし反対している国も多く合意形成は
困難です。

一方EUは困難な合意を最近は、乗り越えて
きました。この積み重ねが連帯を生むとの
信念を感じます。
難民が最初に到着する国の負担が重い現制度を見直し、受け入れや送還などを全加盟国で分担するという新しい難民制度とのこと。承認までは前途多難のようですが....
経済的な理由で移住するのは難民なの?政治的なイメージがあったが。