新着Pick
361Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
素人の強さ、影から支える人の強さ。そうした「強さが生きる場面を作ることができるか」が強い組織の作り方なのだと思う。
「死んだ会社や組織にしないためには、ナマズが必要なんです」
清武はそう言った。
ミサワホーム創業者の三澤千代治の部屋には大きなナマズの置き物が飾られていた。それは異能者の象徴である。イワシ漁において帰港するまでに死んでしまうイワシを生かすために、海水で生きられないナマズを入れ、暴れさせることでイワシが緊張感を持ち、新鮮なまま港へ運べる──そんな寓話を伝えたいためでもある。」
プロ野球の人気の裏には「後列の人」の存在があります。
コロナ禍においてスポーツ業界の未来は非常に難しいものになっていますが、それを打開するのは、決して華々しく指揮を執るリーダーばかりではない。
目立たないけれど熱量のある人。そんな人にも注目していければと思います。
カーネギーメロンの金出先生の言葉に「素人発想玄人実装」がありますが、うまくタッグが組めるかどうか。オーナーの強権も1つのやり方かもしれませんが、汗をかいて信頼関係を作るしかないのかもしれません。
玄人と素人の違いは時間です。そこで長い間、“飯を食ってきた”かどうか。玄人には玄人の、素人には素人のいいところがある。
だから素人だっていいじゃないか、という考えを持ってほしいんです。
それぞれの業界にも、「半沢直樹」的な人はいるのでしょう。
古くからの人間が何を大事にしてきたかを知ることから始める。否定するところから入らない。
これは当たり前のようで中々難しいことだと思います。