新着Pick
336Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
(かなり前にミーミルからお声を掛けて頂いた経験を踏まえて)ミーミルは、NPとは全く別のルートで専門家をコツコツと発掘されていました。
私、当時、NPでかなり熱心にコメントをしていた頃でしたが、ミーミルの方はそれを後から知ったとお話しされていました。

私の知り合いで、外資系で仕事をする方も何人かミーミルには声を掛けて頂いた…と聞いています。
彼らに、NPをお勧めしています→一緒にプロジェクトをやるに当たり、NPを読んで貰うと、私がタイムリーにコメントしているFintech関係記事を共有出来るため
この使い方、結構便利です。(笑)

NPグループのビジネスモデルは、まだまだ発展途上のようです。
無限定雇用(いわゆるメンバーシップ型)から、限定雇用(いわゆるジョブ型)への転換必要性が、最近議論されています。

限定雇用では、スキルを高めやすくなるという利点があるものの、マーケットニーズに合わせたスキルチェンジや配置転換が難しいという、致命的な欠陥があります。

そこで登場するのが、次世代の人事制度形態である「タスク型」雇用です。

このタスク型コンセプトと、今回NPの提案は一致していて、これが人材マーケットの数年先の姿になる可能性は高いと思います。

ポイントは、
①ポータブルスキル(ワークスキル)
②ジョブスキル(テクニカルスキル)
さらにもう一つの重要な要素が
③ ○○○化 (プロフェッショナル化)です

ちょうど先日、キャリア設計能力について収録したところなので、よかったら見ていってください!

ジョブ型雇用の背景にある怖い話
https://youtu.be/4K91a_u9_00
これまでもNPのコメント欄を通じて仕事に繋がったケースを聞くことがありましたが、それを加速していきたいと思っています!
プロフェッショナルへのリサーチやパートタイム業務委託の領域は、最近盛り上がっていますね。
ビザスクさん、みらいワークスさん、ミーミルさん、サーキュレーションさん、Warisさん等など。

時代の変化の中で、プロフェッショナルビジネスパーソンが、自分の価値を一つの勤務企業に囚われない形で提供していく手段が増えるのはいいことですね。
転職して思い切り専門分野のことを話せるようになったので、ビザスクあたりに登録しようかなあと考えていた矢先にこの制度を発見。

2015年位からやってる古参の野良ピッカーとしては「これは乗らねば」ということで登録しました。

狭い業界ということもあり、仕事の依頼はメールとかFacebook経由で来ちゃってますが、このサービス通じて新しい出会いがあればなあと思ってるところです。
登録してみようかと思ったのだが、相変わらず業種や専門領域が選択しにくい。人事人材教育研修関連は難しいな。
この連載について
NewsPicksコミュニティチームが企画した記事や運営からのお知らせをお届けします。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン