新着Pick
32Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
直近の解散総選挙の可能性がかなり低くなったように見える。理由は、臨時国会が12月半ばまで続きそうなスケジュールであるため。

その場合、次に早いタイミングは年明けの通常国会冒頭になる。が、コロナの状況が不透明であり、且つ予算の早期成立も経済対策のうえでは欠かせない。デジタル庁関連法案も年明けの通常国会に出てくる。このため、首相の真意は任期満了間近の解散かもしれない。